夏の向日葵(ひまわり):育毛と紫外線対策


向日葵(ひまわり)は、北アメリカ原産のキク科の一年草です。

先住民の間では、栄養価の高い農産物として、古くから栽培されていたという事です。

栄養価の高い向日葵の種を食べたり、民間療法として塗り薬や化粧品としても活用されていたといいます。

その後、ヨーロッパや日本へ、向日葵は伝来してきました。

真夏の季節、強い日差しの太陽に向ってその花を広げて、エネルギーを吸収しようとするその姿。

向日葵と言う漢字は、ひまわりの姿そのものをあらわしています。

その大きな花のように見える部分ですが、実は、これ、小さな花の集合体なのだそうです。

これは、キク科の植物の特徴。

向日葵は、土が乾かないように、水をやり続けると、大きく育ちやすいということです。

植物が、大きく育つ環境と言うものには、土と太陽のエネルギーなのですね。

育毛の為には、頭皮の環境を良好に保つために、太陽の直射日光を遮るための紫外線対策が必要です。

抜け毛・脱毛に対する育毛・発毛対策も、髪の生えるための土壌である、頭皮の環境と髪に対する栄養分を常に適度に与えてやるという事が、とても大切。

これからの季節は、気温もうなぎ上り。

暑い夏を迎えます。

夏バテなどしないように十分な健康管理を維持する事によって、からだのエネルギーを切らさないようにして、秋からの抜け毛を予防するための対策を、十分に意識する事が、育毛と発毛のための頭皮の環境を整える事につながります。

継続は力なり。

髪を増やす事は、一日にして成らず。

抜け毛・脱毛など育毛の大敵、【紫外線】

これから、夏に向けて、直射日光が強くなります。

熱い時には、特に、頭皮に注しなければなれません。

その注意しなければならないものに、紫外線がありますね。

紫外線の影響については、健康を害する事でよくご存知の方も多いでしょう。

ですから、頭皮の環境にだって、抜け毛や脱毛で、現在、お悩みの方には、育毛対策にとって気をつけなければならないひとつなのです。

さて、頭皮の環境と、育毛に悪影響を与える紫外線ですが、一年で最も強くなるのが、真夏の猛暑がやってくる8月頃と思われる方が多いと思います。

確かに、気温が高いということは、それだけ太陽からのエネルギーが、地表に降り注いでいるのですから、当然、紫外線もそれに比例して、増えると考えるのが普通かもしれません。

しかし、実際には、紫外線は、春先からどんどん上がり、日本で平均的な梅雨時である、6月、7月が一番強い時期であると言われているのです。

ですから、抜け毛や脱毛でお悩みの方が、育毛対策の1つとして、紫外線対策に乗り出すのでしたら、もう、既に始めなければならないと言うわけです。

その対策如何によって、真夏のを過ぎ、秋の気配を感じた頃に、育毛の予防と対策が、効果を表すと言う事なのですね。

何事も、予防と対策は、先手必勝です。

時期を逸すると、結果に反映されません。

抜け毛、脱毛の予防と対策も同じですね。

おすすめ記事

メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス