育毛・発毛の基本と知識


育毛・発毛/基本の知識

■抜け毛が気になりだしたら
■抜け毛の予防-食事、睡眠、運動、嗜好品
■髪のサイクルと寿命
■抜け毛・脱毛の症状と種類
■健康な人の抜け毛について
■抜け毛の原因
■抜け毛とストレスの関係
■食生活で抜け毛を改善
■抜け毛予防と生活習慣

■育毛とシャンプーの関係
■頭皮の清潔、シャンプーはアケアの基本
■ドライヤーと自然乾燥
■抜け毛予防のマッサージ法
■薄毛の予防・育毛法
■髪のヘアケアサイクルと環境
■脱毛、抜け毛、薄毛の予防と解決策
■白髪と育毛の関係
■白髪の予防と改善
■AGAとプロペシア治療
■自毛植毛と人工植毛


■育毛とシャンプー
■抜け毛・マッサージ
■睡眠・運動・食事・嗜好品
■白髪と育毛
■生活習慣・食事
■シャンプーの使用方法
■正しい髪の洗い方
■白髪の予防・改善
■生活習慣・抜け毛
■頭皮のマッサージ方法
■抜け毛・薄毛・脱毛/予防対策
■髪のサイクル・寿命
■抜け毛・脱毛/症状
■ヘアケアサイクル/頭皮の環境
■乾燥方法/ドライヤー
■抜け毛の原因
■抜け毛



最適な育毛の環境のための最適なシャンプーの回数


まず、なんといっても育毛に大切なことは、頭皮の環境と体質改善といわれます。

どんなに髪が生える育毛剤、発毛剤であったとしても、頭皮の環境と体質によって、その発毛、育毛効果が違ってくるということなのです。

育毛のための頭皮の環境を整えるためのシャンプーは、基本中の基本となるわけです。この、使用するシャンプーとその使用法によって、大きく育毛と発毛結果に影響を与えます。

頭皮の改善のためには、しっかりとしたシャンプーを欠かさないようにしましょう。

しかし、しっかりとしたシャンプーとは一体、どのようなことを言うのでしょうか?

毎日、欠かさずゴシゴシと髪を洗ってればそれでいいんでしょ。というわけでも無さそうです。

頭皮の汚れというものは、思った以上に早く汚れが貯まるのです。特に冬場は、空気が乾燥しやすく、静電気が体に発生したりすると、髪の毛が空気を通してホコリを吸着しやすくなり、それと同時に、頭皮から出てくる皮脂と混ざることによって、頭皮の環境は、急速に悪化していく結果となるのです。

シャンプーは、一週間に何回するのが最も頭皮にとって最適な環境保てるのでしょうか?

出来れば、毎日、シャンプーをすることが、頭皮の健康と環境を快適に保つためには良いことであるということなのです。一方では、毎日、あまり、シャンプーをしすぎると、皮脂を刺激しすぎる結果となり、逆効果にもなりかねないというようなことをおっしゃるかもいらっしゃいます。

それは、あくまでも、体質によることの影響の方が高く、健康で一般的なかたで、育毛、発毛、ハゲを意識しての対策という観点から、効果が現れるために最適な環境を整えるためには、毎日、洗うほうが良いのです。

育毛剤の効果を高めるためには、脂と、汚れまみれの頭皮に育毛剤や発毛剤を使用しても効果が半減してしまいます。発毛促進、頭皮の血行を良くし、新陳代謝を高めることによって、髪の生える毛根を活性化させるということのそのサイクルを実現させることが、何よりも、自力で髪を生やすという理想の育毛に近づけるわけです。

シャンプーは面倒くさがらず、毎日、優しく、頭皮の掃除してあげましょう。




育毛のためのドライヤーの使用と乾燥の仕方


 髪の毛というのは、もともと乾燥や熱などに弱いものです。髪の毛は、ドライヤーを近づけすぎたり、長時間使っていると、髪の毛の主成分のたんぱく質が変化してしまうからです。そのため、洗髪後もできるだけドライヤーを使わないで自然乾燥するようにすると、抜け毛対策にもなります。

髪をつくっているケラチンという物質は、水を吸収しやすいものの、吸収した水を保持する能力は弱いという性質があります。乾燥した髪の毛は伸びが悪くなったり、切れやすくなります。そして、それ以上に乾燥するとキューティクルがもろくなって、ブラッシングをしただけで髪が裂けてしまったりするのです。

特に空気が乾燥しているときなどはドライヤーは要注意です。どうしてもドライヤーを使用するときは、専用のローションをつけたりして髪の毛が乾燥しないように最初から処置することが大切です。

乾燥対策にはスチーム付ドライヤーもそして、ドライヤーの温度はできるだけ低めに設定して、風速は速めにし、髪の毛からもできるだけ離して使うようにします。決して逆毛を立てたりしながら観想させるようなことはしないでください。髪にとっては自殺行為でで、まさに抜け毛の原因になりかねません。

女性で、乾かすのに時間がかかったりする場合、乾燥した日にドライヤーを使用したいときは、スチーム機能の付いているドライヤーを使うといいでしょう。

髪が痛むということは、どうしても抜け毛の原因となるので、抜け毛を防ぐためには、頭皮や髪の毛自体をいたわってあげることが大切なんです。ドライヤーで髪を乾かすと、静電気なども発生しやすいので、十分注意が必要です。

また、ドライヤーがだめだからといってタオルでゴシゴシと髪の毛をこすっていてはだめです。摩擦でやはり髪は痛んでしまいますし、ひっぱられて抜け毛が起きないとも限りません。タオルドライをするときはゴジコシこするのではなく、ぽんぽんと髪をはさむようにして水分を取ってあげるようにしてください。


男性型脱毛症「AG治療」のためのプロペシア投与による改善


男性型脱毛症(AGA)治療の医療用医薬品:フィナステリド(プロペシア)

薄毛の年齢は、ここ数年、かなり若年傾向にあります。成人男性よりも若くして抜け毛、ハゲで悩んでいる方も少なくなく、悩みの度合いも深刻になっています。若年性のハゲにについては、その原因の要素としてあげられるが、間違った頭皮ケアが原因になっていることがあります。

まず、頭皮に対して優しく負担のかからないシャンプーを使用し、頭皮に対して乱暴なケアを避けるということです。頭皮は強くこすらず、マッサージを心がけて下さい。また、リンス・コンディショナーを使用した後も、シャンプー同様に頭皮に残らないようにすすぎ落とように心がけてください。

精神的ストレスは、抜け毛、薄げに影響を与えます。普段の生活態度なども見直し、十分な睡眠をとるように心がけ、食事等においても偏らず、栄養のバランスを考えて摂るようにしましょう。嗜好品に関しては、特に喫煙習慣のある方は、不足しがちなビタミンなどをサプリメントなどを通して、補うようにしましょう。

プロペシアは、医師の処方により、男性型脱毛症の進行を遅らせるために、飲み薬として使用します。プロペシアの使用条件には、通常、成人男性に限られています。


AGA(男性型脱毛症)

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、一般には「男性型脱毛症」のことを指ます。、思春期以降の男性に発症する進行性の脱毛症のことをいいます。 一般的な症状としては、だんだんと額が後退してきたり、頭頂部が薄くなるなどの症状が起こってくるのが特徴です。 このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。

AGAには特異的な脱毛パターンがあり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛(うす毛)が進行していきます。 AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があります。 早い人では、10代で状が現れるケースもあります。このAGAは、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こると考えられています。


AGA(男性型脱毛症)の原因

AGA の最も大きな原因として考えられている男性ホルモンは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、発毛を抑制してしまうと言われています。

その他の理由としてヘアサイクルの乱れも考えられています。私たちの髪は、「ヘアサイクル」に基づき、毎日少しずつ成長しています。 AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。 AGAは遺伝によるところが大きいとも言われていますが、「偏った食生活」や「睡眠不足」、「喫煙などの生活習慣」、「ストレス」などもAGAを進行させる原因 となっているようです。


AGA(男性型脱毛症)の治療

AGAで悩んでいる方の多くは、市販の「育毛剤」や「育毛トニック」などを使用されていたと思います。しかし、飲むAGA治療薬「プロペシア」の発売に伴い、「医療機関でのAGA(エージーエー)を治療」が可能となりました。 しかし、このAGA治療薬である「プロペシア」は、医師の指導の下お薬を飲んで いただくことが大切です。

このAGA(エージーエー)治療薬は内服薬ということで、副作用を気にされている方も多いと思いますが、AGA(エージーエー)治療薬プロペシアの副作用は、大変低いとされています。 しかし、まれに性欲減退や性機能低下の副作用が起こるという報告もあります。 もし、このような症状が起こった場合には、内服を中止すると症状は改善するので安心です。AGA(エージーエー)治療薬の服用は、食事に関係なく1日1回の 内服で6ヶ月以上飲み続けることで効果がみられるといわれています。

しかし、自己判断で治療を中止したり、誤った使い方をすると、 副作用が起こりやすくなることもあるので、必ず医師と相談しながら 内服するようにしましょう。


プロペシア

一般名ではフィナステリドと呼ばれています。 男性型脱毛症の進行を抑制するための経口薬、「飲む育毛剤」です。 本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品なのですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤として用途が広がったのです。

アメリカ食品医薬品局(FDA)では正式に「飲む育毛剤」として認可されています。 「男性型脱毛症」は、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変わり、このジヒドロテストステロンが、毛母細胞の働きを抑えるたんぱく質を作ることによっておこります。

プロペシアの薬用成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼTypeⅡの働きを抑え、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐことによって、脱毛を防ぐ働きがあります。 日本では、萬有製薬が2005年10月11日に厚生労働省から輸入承認を取得し、同年12月14日から日本初の男性型脱毛症(AGA)用薬「「プロペシア」が発売されました。

現在、プロペシアは医療用医薬品で、購入には医師の診断、処方が必要です。 治療費は保険の対象とはならず、全額自己負担となります。プロペシア服用は成人男性が対象となっており、女性は服用できません。


プロペシアの効果

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬で、男性型脱毛症の進行を遅延させると言われています。男性型脱毛症は、壮年性脱毛症とも言われ、遺伝的な要素が強く、20~30歳代にかけて徐々に髪の毛が細く薄くなります。

脱毛は、主に男性ホルモンであるテストステロンの働きが原因によって起こると言われています。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、テストステロンからジヒドロ・ テストステロンを生み出すきっかけとなっている、5α-還元酵素の働きを抑制する働きを持っています。

プロペシアを内服した国内臨床試験の結果では、万有製薬(米・メルク100% 子会社)によると、0.2mgを投与することで54%に改善効果が、1mgを投与することで58%に改善効果が見られたと報告されています。(0.2mg錠投与=54%、1mg錠投与=58%)また、海外臨床試験の結果でアメリカでは70%以上の効果があるといわれています。

プロペシアの効果を感じるにはある程度、時間が必要とされています。 3ヶ月から6ヶ月で効果が出る方もいれば、脱毛症の進行により、それ以上の時間がかかる方もいます。


プロペシアは医師の診断・処方箋が必要です

プロペシアは医療用医薬品であるため、購入には医師の診断・処方箋が必要となります。(保険適用外) 頭髪、頭皮の状態は人それぞれです。本当に治療が必要か、プロペシアの処方が最適なのかは当事者(患者さん)のご状態によります。 まずは専門の医療機関を受診してみてはいかがですか?。


治療にかかる費用

AGA(エージーエー)治療をはじめる前に気になるのが治療費です。 基本的にAGA(エージーエー)治療とプロペシア治療薬は、健康保険の給付対象になりませんので、治療薬を用いたAGA(エージーエー)の治療費全体が保険適用外で全額自己負担になります。

この負担費用は病院や調剤薬局の処方料によって異なりますが、AGA(エージーエー)治療薬プロペシア1錠の料金は250円となっています。 この治療薬は保険対象外であるため、治療薬だけで1日1錠服用するので月に約7500円かかることになります。


プロペシアの副作用について

プロペシアは、男性成人患者に対するAGA治療薬ですので女性は服用できません(閉経後に現れた女性AGA患者に行われた海外での実験では、女性患者に対するプロペシア投与に有効性が認められていません)。 また、他の脱毛症(円形脱毛症等)にも効果がないとされています。

また、男性成人患者であっても肝機能に障害のあるAGA患者に対しては、プロペシアの安全性が確認されていないため投与を控えた方がよいでしょう。 また、高齢者に対する有効性も確認に至っておりません。

プロペシア錠のコーティングが粉砕している場合、妊婦又は妊娠している可能性のある女性は触れないようご注意ください(プロペシアを妊婦に投与した場合、男子胎児の生殖器発育に影響を及ぼす可能性があるとされているため)。

現在、確認されているプロペシア投与の副作用としては、性欲の減退・勃起機能不全等が一部で報告されています。

PR:飲む治療薬:発毛AGA治療(プロペシア)

AGA・発毛治療の最先端のプロペシア改善薬。

薄毛・抜け毛は医療機関で診てもらう時代です。

抜け毛の原因は人それぞれ違います。
 
最先端の医療で「薄毛や抜け毛の原因」を的確に診断。    「カウンセリング+薬剤」で千差万別の要望に対処。

AGAは、男性で思春期過ぎから遺伝的な関係から、生え際や頭の上のほうで抜け毛が多くなってきたり薄毛になってきてしまう症状を言いいます。

プロペシア錠について
プロペシアは、飲む育毛剤として開発され、現在すでに世界60カ国以上で承認されています。
世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!

プロペシア錠

※医師の診察が必要の男性型脱毛症治療薬です。 
AGA治療・育毛に関する資料・お問い合わせ



脱毛と抜け毛の原因

 髪は、私達の身体の健康に深く関与しています。現代は薄毛やはげに悩む方が多くいらっしゃいます。精神的なストレスなどは、薄毛やはげの大きな要因とも言われます。抜け毛の種類は、いくつか分類されています。はっきりした原因の一つとして以下の原因が考えられます。

頭皮の微小な血流の障害
皮膚の細かい血管が収縮、狭窄、閉塞することで、毛根への栄養や酸素の供給が不足することによっての脱毛。

頭皮の毛穴の脂汚れ
毛穴を皮脂(皮膚から出てくる油脂)が塞いでしまうことによっての脱毛。

男性ホルモン
デヒドロテストステロンや、テストステロンは、頭髪の寿命(一本の毛が生え初めてから、抜け落ちるまでのサイクル)を縮める作用がある。また、皮脂腺を刺激して、皮脂を増やす作用などから抜け毛画増える場合。

 毛母細胞の老化や毛乳頭への血流の悪化、男性ホルモンの過剰な分泌や皮脂の過剰な分泌、過剰なストレスや頭皮の汚れ・毛穴の詰り、髪の素となる各種栄養の不足・アンバランスなど様々な要因が考えられます。

また、髪が薄くなってしまうと、ほとんどの方が年齢や遺伝を言い訳にして諦めてしまっているのが現状かと思います。このような方は、髪の重要性を軽視することは、自分の健康を損なったり寿命を縮めたりしている事と同様である事に気付いていません。

人はヘアスタイルで、大きく印象が変わります。髪型は第一印象を左右しますので、自分をアピールするための手段の1つになります。

しかし、髪の本来の役割としては、身体や健康のために必要だから生えるのです。人間にとってはとても大事な髪ですから、自分の脱毛原因に合った正しい育毛方法を実践して、効果的な育毛対策を行うよう心がけましょう。

食生活・睡眠
 食生活においてバランスがたもたれていない場合、十分に髪へ栄養がいかず髪が育たなくなり、抜け毛が進行する場合があります。また、睡眠と抜け毛には深い関係しており、徹夜などで無理な仕事した疲れは、からだの緊張をほぐし睡眠をとるしかありません。

髪も同じで、睡眠をとらないと、髪の疲れも取れないのです。疲れが取れないと、基本的な身体の機能が低下します。その機能の影響を最も受けるのが「髪」なのです。他の臓器、細胞への栄養が不足しているとき、真っ先に栄養を止められるのも「髪」なのです。

睡眠・栄養が不足した場合、抜け毛が増えるのはこんな理由があるからなのです。従いまして、肉体的体力が衰え無いように、総合的な健康管理が、髪に与える影響が非常に大きいと言えるのです。

シャンプー・整髪料
 洗浄力が強すぎて、過剰な皮脂を分泌してしまう頭皮になるシャンプー、良かれと思ってしていたシャンプーが抜け毛の原因になる事もあります。頭皮を清潔に保つためにはまず、「まめにシャンプーをかかさないこと」、「しないと抜け毛の原因になる」と言うのは正しくありません。

全てのシャンプーと言うわけではありませんが、粗悪なシャンプーは触感や香りだけを追求し、頭皮・髪の状態を考えていない物もあるのです。頭皮の状態をアルカリ性の不健康な状態にするシャンプー、毛穴を塞いでしまうシャンプー、刺激の強すぎるシャンプー、洗浄力が強すぎて、過剰な皮脂を分泌してしまう頭皮になるシャンプーなど、頭髪の環境を悪化させるものが多いのです。シャンプーが抜け毛の原因になる事ことも事実なのです。

そして、整髪料の成分は抜け毛予防の大敵です。スタイリング剤は髪にセット力のある添加物を付着させて固めるのですが、当然髪だけではなく、地肌にも付いてしまいます。これが原因で毛穴を塞ぎ、汚れが外へ出なくなってしまうのです。その為、抜け毛の原因となります


パーマが薄毛の原因かもしれない

薄毛になる原因は様々ですが、その一つとして、パーマの可能性も考えられます。 昔は、パーマをかけるために、髪に負担を強いる強い薬品を使っていたということがあります。

頭皮のニオイ、フケ・かゆみが気になる方


頭皮の環境を整えることは、髪の育毛にとても大切なことです。

その中でも、「フケ」や「かゆみ」は、鉄分の不足やケアの方法など、いろいろな原因が考えられます。

基本的には、普段のシャンプーやコンディショナーでのケアを丁寧に行うことから始めましょう。

フケやかゆみを伴う頭皮の環境の悪化は、ニオイにつもつながります。

年齢的にも40代・50代の男性、女性の方には、加齢臭などとも一緒になってしまうこともつながりかねません。

頭皮のニオイ、フケ・かゆみが気になる方におススメです。






育毛・発毛と抜け毛・脱毛・ハゲとタバコ・嗜好品の関係

タバコを吸い続けていると、肺の中がタールのように真っ黒になる。

毎日、毎日、吸えば吸うほど、肺が真っ黒になる。

肺が真っ黒になるということは、どういうことでしょうか。

私は、医者じゃあありませんし、確かなことを言える立場にあるわけではありません。でも、ですよ、人ってホコリだらけの塵が舞っているような場所で、自然呼吸ならぬ、強制的に掃除機の如くその場所で、思い切り息をして吸う人などいるでしょうか。

煙というものも、人は本能的に、避けるというのが自然な行動なのに、その行動の不自然さ。

双方のことから素人の私が判断すれば、こりゃあ、相当ですね。

何が相当なのかは、適当にご想像願います。 だって、タバコをすうのは、個人の自由ですし、今、そのタバコを吸われる方が、この記事を読めば、必ず、気分を害なさいます。

タバコを吸われる方の、血管は、やはり、長年、タバコをすうことによって、不健康な血管になる。不健康な血管になると、頭皮の髪を製造するため毛根さえ健康から遠ざかることとなる。

抜け毛や脱毛、ハゲといった症状に移行するのには、多くの理由が挙げられます。その中でも、生活習慣というものが深く関わっているとするならば、タバコはその筆頭にあげられる要因のひとつかもしれません。

ココは、あくまでも、断定的な記述は避けなければなりません。その事実というものは、断定せずとも、大方の知識書を見れば、誰にでもわかることなのですから。

ココで、そのようなことを書くと、タバコ会社から、風評被害などと、申し立てを頂くかもし得ません。私は、あくまでも素人ですから。

勿論、タバコだけが要因だなんてことは、ありません。アルコールやその他の嗜好品なども、場合によっては、含まれることもあるでしょう。

抜け毛、脱毛・ハゲということと、何かしら関係しているものをあげるとキリがないのかもしれません。ですから、これもダメ、あれもダメ、もう1つこれもダメというようにあげていけば、抜け毛や脱毛・ハゲでお悩みの方の、暮らしは成り立たなくなり、現実生活から乖離してしまうことになるのかもしれません。

そんなことは出来ませんから、出来るだけ、今の生活を保ちながら、健康的な生活環境へ移行していくということを目標にされることと、良い、発毛剤と育毛剤にめぐり合うことが大切なことかもしれません。

いつも、育毛と発毛に対するモチベーションを保ち続けることは、1つの目標をもつことでもあり、生きることの張り合いを作ることにもなりますから、諦めないで、毎日、コツコツ、タバコを吸うように育毛対策も怠らないようにしましょう。

頭皮のマッサージで髪が生える環境を整える


頭皮のマッサージの方法は、どのように行うのが正解なのでしょうか。

当然のことながら、マッサージというのは、頭皮の環境を髪の毛の生えやすい状態に移項させることの1つの方法なのです。

当サイトにおけるセオリーは、髪の毛というものは、自力で生えるということなのです。

これは、科学的なことでもなんでもなくて、言ってみれば、信仰のようなもの。

自らの意志で生やすこと。

それには、まず、生えるということを信じなければいけないということなのです。

ですから、1つのことについて信念を持って行えば、やっていることに間違いはなし。そのくらいの気持ちで発毛・育毛に取り組んでいただきたいと思います。

「やれば出来る!」なんて事を、何かに窮地に陥ったときに、人は言いますね。

育毛や脱毛・ハゲについても同じことが言えるんです。

「やれば生える!」

断定的ですが、これは、信じる人にはそうのように思えるし、信じない人には、そうでない。ただそれだけです。

マッサージは、生えるという信念のもとで行えば、どんなマッサージでも、いいんです。

出来れば、頭皮を鍛えてやるつもりで、徹底的にしごいてやる!そのくらいの気持ちでもいいんじゃないでしょうか。

髪が抜けるのが怖いからとか、剥げているところは、あまり、強くも擦ったりしないとか。

そんな柔な頭皮なら、髪なんて生えてくる環境にないと考えてみるのも正解かもしれません。

でも、そこには、基本的なマッサージというものを理解したうえで、きちんともんであげるということが必要です。


このあたりは、難しいかもしれません。

要するに、気持ちで負けないということです。

髪の生える環境づくりのためには、マッサージはとても重要です。

そこに必要なものは?


気合です。

ちょっと今日も、何か、話題がそれたような気がします。

失礼致しました。

髪は既に死んでいる?!・角質化した細胞


冬の季節は乾燥しがちです。

乾燥すると人間の体も水分が不足してきます。

それは、空気と接触する、皮膚、顔のお肌。

そして、髪の毛も同様です。

髪は、細胞が角質化したもので、既に死んだ細胞であるということはご存知ですね。

ですから、髪の毛には、外から栄養を与えてやるわけです。

そうしないと、あまり性能の良くないシャンプーなどを使用したり、髪を守るトリートメントを欠かしたりすると、髪はパサパサに痛む一方なのです。

そうなると、枝毛やきれ毛が増えたりして、頭皮にも悪影響を与える環境になりかねないわけです。また、冬の乾燥する時期には、静電気がつきものです。

最近では、着るものも化学繊維のものが大半で、余計に静電気を吸収しやすく体に帯電状態が常に続くと、その放電される瞬間の電圧は、凄まじいものがあるといいます。

当然、乾燥している髪の毛にも、静電気がたまることになるわけです。チリやホコリを吸い寄せやすく、頭皮の汚れを早めることにつながります。

育毛や脱毛に注意が必要な方は、使用しているブラシなども、静電気を吸収するものを使用するなど、ヘアケアグッズの選択にも気を使う必要があります。

ぱさついた髪は、セットもしづらくなり、スタイリング剤の使用も必要になることから、好ましくありません。

育毛トリートメントの効果的な使用法

シャンプーとトリートメントは、使用方法が異なることは、その使用目的が違うということからすれば、当然のことです。

その使用方法については、シャンプーは、頭皮の環境を整える、頭皮を守る。それに対して、トリートメントは、髪を保護する、保湿するということに力点を置いているわけです。

でも、髪の毛というのは、もともと、地肌である頭皮から発生しているわけなのですから、頭皮も髪の毛も同じようにシャンプーとリンスやトリートメント剤とケアしてもいいんでしょ。というあまり頓着しないアバウトな考え方をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

要するに、そんな使い分けをするのは、面倒だ。だって、シャンプーとリンスが一緒になった物だってあるじゃない?・・・そうですよねえー。

でも、そんなことをおっしゃる方は、育毛や脱毛など、まるで関係の無い、まさに、フサフサしている状態で、こんなにたくさんの髪があるのに、一々、気にすることなんて無い。という方に違いありません。

育毛や、ハゲに近づいている方は、とても、デリケートな神経をお持ち。髪に関して、ナイーブな心を持たざるおえない状況にいるはずです。

毎日、鏡を見ることが怖い。見るたびに、嫌な妄想をしてしまう。

そんな人は、必ず、シャンプーとトリートメントつかいわけるはずですし、リンスなんて呼ばれるものに、育毛の信頼など、欠片も抱かないはずです。

必ず、トリートメントでなくてはならないのですね。

トリートメントを使用するときには、更に、専門的になると、頭皮用のトリートメント、また、頭髪用のトリートメントを使い分けるのも当たり前。

必ず、トリートメントを使用するときには、頭皮、頭髪の区別を意識することが必要です。

実際には、こんなことでも、イメージが大切!

そのイメージが、髪の健康を髪から、頭皮から回復させることにつながるわけです。


メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス