発毛専門サイト・育毛専門ショップは髪のお悩みの駆け込み寺

薄毛・抜け毛・脱毛・ハゲのお悩みは、終焉を迎える時代です

薄毛や抜け毛、脱毛・ハゲでお悩みの方も、育毛と発毛専門に関わる研究と開発の日夜の努力の結果、現在では、脱毛やハゲの悩みを解消する優れた方法をいくつも選択できる時代になりました。

見ただけでは全く自毛と区別がつかないほどの高性能のかつらや、根本的にハゲを治療するための薬・プロペシアの開発など。

また、育毛と発毛を促進するためのケアグッズ。髪の環境を栄養面から考え出されたサプリメントなどなど。薄毛やハゲといった言葉で、もう、将来は、悩む必要が無くなる時代が来るのかもしれませんね。

そんな、薄毛や・抜け毛・脱毛・ハゲといった、ありとあらゆる悩みにお答えする、育毛と発毛、自然な髪を取り戻すための工夫に、最新の経験と技術を取り入れてらっしゃる髪のスペシャリスト。そんな人気の専門ショップをご紹介いたします。


薄毛・AGA・頭皮の状態にお悩みの方に・・・

・育毛・発毛/おすすめ商品

ヘアケアサイクルに従って頭皮の環境を整える

毛髪の基本
 毛髪は、頭皮からでている部分「毛幹」と埋まっている部分「毛根」に大きく分けられます。フラスコ型の毛根の下部分は毛球と呼ばれ、そこにある毛乳頭からも毛母細胞は栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返して成長し、毛髪となります。

脂線は、毛根の途中につながっていて、毛孔は皮脂の出口にもなっています。 このため髪は、皮脂に守られてツヤやハリを維持していますが、皮脂の分泌が多すぎる場合には、頭皮がベタつくだけでなく、毛孔に詰まって角栓を形成し、皮膚炎や湿疹の原因となってしまうことがあります。

健康な毛髪のヘアサイクル
 通常、健康な毛髪は、成長期→退行期→休止期を2年~7年のサイクルで繰り返し成長しています。頭皮の健康状態が悪くなると、このサイクルのバランスが崩れ、毛髪が十分に成長しないまま退行期や休止期へ移行し、脱毛してしまいます。 健康で、ハリのある豊かな毛髪のためには、このヘアサイクルを正常にして、しっかりと成長できる毛髪環境を整えることが育毛の決め手です。

健康な頭皮と髪の為に育毛剤
 育毛といえば、育毛剤を思いうかべられる方が多いと思います。この育毛剤の役割は、現在ある髪の毛の健康を保ち育てることです。頭皮が健康になると抜け毛が減り、髪が残り、結果的に髪が増えてきます。育毛とは、地道に髪を育て、髪を増やしていく方法となります。
健康な髪を育てる「育毛」には、正しいシャンプー法や規則正しい生活を心がけ頭皮を健康に保つことが一番大切ですが、正しい知識をもって使用すれば育毛剤でも効果が期待できます。


最近、抜けが目立つようになり、薄毛が進行して、髪が少なくなってきているかも・・・と感じている方は、育毛という言葉に敏感です。育毛の為の基本は髪のヘアケアサイクルを知り、髪の環境を整え健康を保つことです。

髪を増やす方法・処置は大きく分けて2つあります。1つ目は、これから生えてくる髪に対して行うこと。
2つ目は、今生えている髪に対して行うことです。育毛は、この今ある髪に対して行う方法・処置などになります。 育毛とは、本来の髪の寿命よりも早く抜けてしまわないように、髪の環境を整え健康を保つことです。

抜け毛の原因は人それぞれ違いますが、大きな原因として、日々の生活の中でのストレスなどが、大きく関係があるといわれています。 育毛を考えられている方は、できるだけ頭皮にも負担をかけないような生活を送るように心がけてください。 頭皮の負担は、自分自身のちょっとした心掛けで軽減でき、それが育毛へつながっています。 今ある髪の毛を、健康に保ち抜け毛を防ぐということが大切です。

育毛とは、現在生えている髪の毛にとって良い状態を作り出して、抜け毛を防ぎ、更に強い髪の毛を育てることをいいます。そして、新たに発毛を促せる状態に頭皮を活性化させることです。

育毛は、常に現在進行形なのです。未来があるのです。未来に向けての継続が必要になってきます。だから、常に今、生えている髪の毛にとって一番良い状態を作り出さないといけません。育毛のための髪の毛の手入れの方法には、色々なやり方はあるのですが、一般的なものとしては、育毛シャンプー・育毛剤・育毛サプリメント・頭皮マッサージが代表的ですね。

育毛シャンプーは、髪の毛を清潔にするとともに、毛根に刺激を与え血行を良くします。育毛サプリメントは、頭皮に働きかけ、血流を活性化させ、代謝を促進させます。頭と頭皮のマッサージは、頭皮の血行を更に積極的に加速させることにつながります。

また、一方では精神的な面においてのケアも必要です。髪は日常の生活に影響を受けやすく、食事、睡眠、ストレスなど、毎日の生活習慣に注意しなければいけません・・・というより、これが一番大切だったりします。

嗜好品、酒、タバコなどは、体に影響を及ぼしやすく、髪にその影響が顕著に現れる場合も少なくありません。寝不足やストレスも髪の成長に影響を及ぼすとも言われています。

一番大事なのは食事でしょうか。食事は髪の毛の栄養源や頭皮の汚れの原因にもなります。普段から規則正しい生活を心がけストレスを貯めないようない事が大切です。


抜け毛と脱毛の症状と進行状態ついて

抜け毛の状態を観察することが重要

抜け毛が気になりだしたら抜け落ちた髪を注意して観察してみましょう。髪の毛は、約10万本位生えていると言われています。健康な人でも毎日ほぼ50本から100本は、抜けているのです。

しかし髪の成長サイクルに似よって、また、新しい髪が成長することによって、健康な状態が保たれているわけです。ですから、あるときふと、抜け毛が気になりだしたとしても、本来の健康な人の許容範囲に含まれている場合もあるでしょう。また、やはり健康、精神的な状態、気候など多くの要因によって、抜け毛の状態も変化してきます。

そこで注意して観察していただきたいのが、抜けた毛の状態を見極めることです。自然に抜け落ちた多くの毛の根元の部分が、しっかりとした太さを保っていればあまり心配する必要は無いということです。逆に、根元の部分が、細くなっているようでは、やはり、抜け毛に対して注意する必要が出てくるでしょう。

抜け毛と脱毛の症状について

抜け毛は髪の毛が抜けてしまったものをさす言葉。本来髪の毛は毛周期によって生え変わります。
当然生え変わりの時に髪の毛が抜けるので、ある程度の抜け毛は当然のものです。ところがこの毛周期が崩れてしまったり、その他の要因によって、通常の抜け毛の量を超えてしまうと、脱毛状態が進行してしまいます。

脱毛とは、その通り髪の毛が抜けてしまうことです。抜け毛に対してより多くの髪の毛が自然ではない形で抜ける場合に利用されることが多いといえます。脱毛には、男性型脱毛・脂漏性脱毛・分娩後脱毛・円形脱毛・圧迫性脱毛・トリコチロマニーなど様々な種類があります。

それぞれに原因は違いますが、脱毛に対しての明確な治療方法は医学的には確定はできていません。

男性型脱毛症(AGA)

壮年性脱毛症とも呼ばれます。多くの人の脱毛の症状がこの症状にあてはまります。年齢的に早く特定の場所が薄くなる現象で、主に30歳代あたりから症状が目立ってきますが、特に20代~30代に発生する男性型脱毛症を「若年性脱毛症( 若ハゲ)」。30代~50代に発生する男性型脱毛症を「壮年性脱毛症」と呼びます。

プロペシア(フィナステリド)の販売元である万有製薬によって、AGAという名称が広く知られることとなりました。リアップも、この男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなる影響で、前頭部と頭頂部の髪が薄くなる特徴があります。原因ははっきり特定されていませんが、男性ホルモンと遺伝が大きく関わっているといわれますが完全な原因はわかっていません。

男性ホルモンが大きく関わっている場合、現在医療機関によるAGA治療が可能となっています。治療の際には処方薬としてプロペシア(主成分フィナステリド)が処方されますが、このプロペシアは男性ホルモンによる発毛の阻害を防ぐ効果があるといわれています。

毛髪医療研究会では、脱毛症が男性型脱毛症(AGA)なのか、フィナステリド(プロペシア)は有効なのかを判定するAGAチェックを行っています。

円形脱毛症

年齢性別に関係なく突然円形または楕円形に脱毛が生じる現象です。原因は、おもに精神的なストレスが関与しているといわれています。円形脱毛症の半数以上は、脱毛する箇所も数カ所以内で、半年から一年で自然に治ることが多いようです。

しかし、もっと範囲が広くなったり身体の他の毛も抜ける場合は治りにくいので注意が必要です。この病気は一種の自己免疫病で本来なら体内に入り込んだ細菌や異物を攻撃し排除する働きをもつ免疫が、コントロールをなくして毛包、毛乳頭まで傷つけて脱毛を起こしてしまう症状です。

脂漏性脱毛症

頭皮の毛穴から皮脂が過剰に発生することによって、脱毛を引き起こすこと。過剰な皮脂は毛穴のつまりを起こしてしまって、髪の毛が育ちにくい環境となり脱毛につながります。また過剰な皮脂によって頭皮が炎症を起こして脱毛をひきおこすことなどもあります

牽引性脱毛症

頭髪が継続して過度に引っ張られる事によって発生する脱毛症。ポニーテールなど頭髪を強く束ねたりする場合に起こりやすくなります。牽引性脱毛症の場合、特に治療は必要なく、個人差はあるが一般的に髪型を変えることによって回復します。

ただし牽引が長期間だと回復不能になる場合もあります。回復を早めるには頭皮のマッサージで血行を促進するのがよいでしょう。脱毛症の多くはホルモンや遺伝などの内的要因によるものですが、このように頭皮への継続的な負担は脱毛症へとつながるので注意が必要です。

老人性脱毛症

年をとる毎に髪が薄くなる現象で、脱毛と同時に毛が細くなる。主に60歳以上の方の髪が抜ける症状をいいます。老人性脱毛症は、男性型脱毛症と異なり頭部全体、さらには全身にわたって毛の減少があります。


育毛・発毛の話題 / 髪の毛は死んだ細胞の集まり

毎日、育毛と発毛の為に取り組んでいる髪のケア。その中で、健康に生えてこようとする髪の毛なのですが、生えている髪の毛は、もう既に死んでいる組織の集まりなのです。

そう、生えた髪は死んでいる。

まあ、そうはいっても、生きている頭皮、髪を生産し続けている頭とくっついているのですから、そんな死んだものをくっつけているとなると、なんだか、育毛と発毛に取り組む為の毎日ケアを続けようとするモチベーションが下がりそうな気もしますね。

髪の毛自体には自己修復能力もなければ、外から栄養などを 補給することもできない?

髪の毛を作る構造全体を「毛包」といい、その下部に毛乳頭があり、ここが髪の毛を成長させる司令塔のような働きをしています。毛乳頭の回りには毛母細胞があって、そこからケラチンが作られ、押し出されて髪の毛となります。また、皮脂腺が必ず毛孔の近くにあり、髪が伸びていく際に脂分を供給しているので、髪はいつもつやつやしています。

一般にはあまり知られていないことかもしれませんが、皮膚の表面に出ている毛の細胞は死んだ組織です。したがって、髪の毛自体には自己修復能力もなければ、外から栄養などを補給することもできません

そうなのでしょうか?

だとすると私達のヘアケアというものの意味を根本的に考え直さなければ、ならなくなってしまいそうです。だったら、それでも、生える髪とつながっているのだから、育毛と発毛のための供養だと思って、きちんと毎日のシャンプーとトリートメント欠かさないようにしましょう。

今やっていることに無駄は無い、明日生える髪作りの為に、生えている髪が、これから生える髪の為に存在していると言うように前向きに考えましょう。



健康な髪のサイクル・寿命と育毛の関係


硬い髪の毛の人は禿げないとか、髪の毛の多い人は禿げないとか言われていますが、髪の質や本数は、将来の抜け毛にも影響します。

髪質

毛髪は大きく分けてキューティクル(毛表皮) コルテックス(皮質)、メジュラ(髄質)から構成 されていて、その構造はちょうどのり巻きに似 たような形をしています、すなわち、のりがキュ ーティクル、米粒がコルテックス、中心部にあるかんぴょうがメジュラに相当します。成分は タンパク質がほとんどです。

平均的な日本人の髪の太さは70ミクロン~90ミクロン。髪の太さは20才頃にピークを迎え、以後は年月を追う毎にだんだん細くなっていきます。またその一方で、年齢とともに髪質が衰えてゆき、髪の毛が痛みやすくなってしまいます。以前はいい髪の状態であっても、急に柔らかく感じたり、細くなり出したら注意が必要です。また、体調不良・ストレスが原因でも、毛母細胞にうまく血液が流れなくなり、髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまう可能性があります。

従って、抜け毛の原因の一つには、頭皮の地肌の問題が大きくかかわってきます。髪の毛が柔らかい人の場合は、頭皮がデリケートで地肌が弱い人が多いようです。このため、ダメージを受けやすい場合が多いといえます。逆に髪の毛が硬い人の場合は、髪の毛の質も地肌も丈夫な人が多いので、抜け毛も少ないと考えられます。

髪の本数

健康な日本人平均髪の毛の本数は、約105.000本位といわれます。髪の毛は1日に平均0.35ミリ伸びています。人の髪全体で引っぱれる力は5トンもあり、1本あたりの力は50~80グラム張力に耐えられます。これを『髪の固着力』と言います。この固着力が弱なってしまうと、髪の毛の黄色信号です。髪の毛が抜けやすくなり、注意が必要です。

髪の毛の成長サイクル上で、自然に抜ける髪の毛の本数はある程度決まっています。ですので、髪の毛が多いと、抜けても、残る髪の毛の量は人よりも多いと言えます。そのため、やはり髪の毛の本数が多い人は、禿げにくいと言えそうです。

髪の寿命

髪の毛が細くなる年齢について理解することは抜け毛の予防に役立ちます。ある程度の年齢になると、髪の毛は細くなり始めます。男性の髪の毛が最も太く、コシが強い時期は、15~19歳ごろで、20歳を過ぎてくると、年齢とともに、髪の毛は細くなっていくと言われています。

髪の毛が細くなるのは自然の流れなので、とめることはできないのですが、頭皮を清潔にしておくことによって、髪の毛が細くなるスピードをある程度、落とすことができ、抜け毛の予防ができるようです。

逆に言えば、頭皮を不潔にしていると、ヘアサイクルが速くなってしまい、その結果、髪の毛がどんどん細くなり、抜け毛も増えることになります。このようなことから、常に頭皮を清潔に保つようにして、髪の毛が細くなるスピードを抑えることも、抜け毛の予防には必要だと言えるでしょう。

髪の毛1本1本には、寿命があります。髪の育毛・、抜け毛を気にされる方は、まず、髪についての
基本的なサイクルについて、知っていただくことで、より効果的な育毛法に取り組まれることをおすすめします。寿命は個人差はありますが、女性で4~6年、男性で2~5年程度といわれています。髪は、一定の期間を経ると、自然に抜け落ちます。そして、抜け落ちたところから、また新しい髪が生えてきます。

この周期を「ヘアサイクル」といって、女性の場合は、1サイクルが、4~6年、男性はそれより短く、3~5年。髪1本1本、ヘアサイクルが異なり、脱毛の時期がちがうため、通常は一度にまとめて抜けることはありません。通常はこのように寿命を終えた毛髪が自然に抜け落ちているのです。

この周期を「へアサイクル」と呼びます。

【へアサイクル】

成長期(2年から6年)
 「ヘアサイクル」ではこの期間がもっとも長く通常2~6年間続きます。髪が生まれる最初の段階ですね。古い髪が毛根から離れると同時に、奥のほうでは、毛母細胞が分裂を開始し、新しい髪をつくり始めます。新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとしています。


このころになると、古く役目を終えた髪は、簡単に抜けるようになります。シャンプーやブラッシングで抜けるのは、この時期の髪なのです。古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く、太く成長する時期。髪は、成長期1~3年まで毛母細胞が活発に働き、4~6年にわたって育ちつづけます。

退行期
 毛母細胞の力が弱まり、髪が成長しなくなる段階。やがて毛母細胞から離れて、完全に成長をやめるまで、この間、約2~3週間。

休止期
 成長が止まった髪は、だんだん上のほうに上がっていきやがては抜け落ちます。数カ月間、この状態が続き、毛根の奥では新しい髪をつくる準備が始まり、また最初のサイクルに戻ります。抜け毛が切っかけとなって、自分が仮に、どういった薄毛タイプに当てはまり、どのようなタイプの薄毛(男性型脱毛症)に効果があるのかも、あまり理解しないまま、慌てて、育毛剤や、聞きかじりの発毛法を始める人も多いと思いますが、その抜け毛が、何の問題もない抜け毛だった場合、それを気にする事のストレスの方がより問題です。

ストレスが原因となって、本当の薄毛(男性型脱毛症)に繋がってしまう可能性もあります。

単に「抜け毛が増えたような気がする」といっても、その点は注意して、あまり慌てない事が薄毛対策や育毛には返って必要な事なのでしょう。

そういう意味では、まず、冷静に髪についての知識を深めることから始めましょう。






おすすめ記事

メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi Oda


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス