抜け毛・薄毛・脱毛の予防対策

脱毛、、抜け毛、薄毛は予防が大切

実際薄毛の原因は、栄養、ストレス、ホルモンなどの要因が複雑に影響しており、遺伝が直接の原因ばかりではありません。家族に、ハゲの人が多くても、日頃から健康的な生活を送り、早期の対策を取るように心がけておけば、薄毛や抜け毛の発症や進行を抑え予防することは可能とされています。

しかしながら、遺伝が大きな要素のひとつであることは否定できません。早期の脱毛、薄毛に関しては十分に医療的な予防が可能です。親子で薄毛のパターンが似ていることはよく知られています。薄毛化という現象自体は遺伝的に決まっているようですが、実際に遺伝する遺伝子があるかどうかは、はっきりしていません。

また、遺伝子は単独で働くわけではなく、第1の遺伝子が活性化した場合、第2、第3の遺伝子が次々働きはじめるのが普通です。やや専門的なことになりますが、このように一連の分化現象の引き金になる遺伝子を「マスター遺伝子」と呼びます。もしかすると、薄毛に関わる「マスター遺伝子」がいくつかあるともいわれております。

薄毛、抜け毛の解決

 抜け毛や薄げに悩んでいる方で、「現在髪や頭皮のについて、気軽に相談できる人はいますか?」と尋ねたところ、4人に3人はいないという結果がでました。気軽に相談できる人がいないだけではなかなか、正しい髪や頭皮の知識を知ることが出来ません。

それだけでも不安になり、ストレスが溜まって頭皮に悪い影響を与えている方も大変多いのです。あなたは今のヘアスタイルや髪質、ボリュームなどに満足していますか?抜毛や薄毛は男性ばかりが目立ちますが、実は想像以上に髪のお悩みをもつ女性は増えています。

さまざまな要因によって毛髪が細く薄くなっていくといわれていますが、多くは生活習慣の中に原因がある場合がほとんどです。また男性と違い、女性の場合は髪全体の毛髪量が徐々に減っていくので気づいていない場合も多く見うけられます。

ラズベリーケトンとは、脂肪分解に効果を持ったラズベリーの成分のひとつである。脂肪細胞に直接作用して脂肪分解を促す効果がある。同様の効果を持つものの中に唐辛子に含まれるカプサイシンが挙げられるが、ラズベリーケトンの効果はカプサイシンの3倍といわれるほど強力なものである。もともと、ラズベリーケトンがカプサイシンと似た構造を持っていることからラズベリーケトンの研究が始まり、最近になって注目を集めるようになりました。

髪の成長がストップした場合でも、毛乳頭に働きかけ再び活性化させる働きを持つ成分なのです。この事実に注目し、。これまでにない画期的な育毛用ローションをかいはつしたのです。このローションのみで、小学生の男の子の円形脱毛にかなりの効果があり、サプリメントとの併用により完全に回復したという、例もあります。

また、一般の男性に使用してもらい、6割程度の方に、増毛等の髪の毛の変化が見られたことが分かっております。おすすめする「ダブルインパクト」(カプサイシン、イソフラボン)と併せて使用することにより、更なる効果が期待されます。体内、体外から毛根を刺激し、育毛を促しましょう。



育毛・発毛の予防と対策にマッサージは欠かせません


育毛剤は使用すぎると逆効果なのかも!?

育毛と発毛のための予防とケアを続けていますが、抜け毛、薄毛が気になると、どうしても早く効果のあるものを求めたくなるものですね。だから、それなりに自分に合った高価な育毛剤を購入してきては、せっせと塗っては、マッサージしたいました。

「頭部に適量つけて、一日2回程度、よくマッサージしてください。」云々と説明書に書いてあるものの、そんな能書きなんか殆ど無視、たくさん使用したほうが、より効果が高いといい加減な根拠で、自己判断してしまったのが、やはり、逆効果だったのか・・・

トホホ・・・最近、更に、抜け毛が、加速しているように感じる。

薄毛、ハゲに抵抗するための対抗策も、いろいろ試して、効果がないと何がよくて、何が悪いのが、悪循環に落ちっいて、その事が更に精神的なものに追い討ちをかけることになるので注意必要です。

一刻も早く、抜け毛・脱毛・ハゲから、生還したいと言う気持ちは痛いほど解ります。

一つの方法を、正しいと思ったら、ある程度の期間は、信じることです。必ず結果は出ると。体験に基づいて、お答えすれば、髪は、必ず、自身の精神力でも回復できるものだと思います。 ただ、育毛と発毛の予防と対策の実戦を始めたての頃と言うのは、不確かな情報によってつまらないことで動揺しがちです。

育毛と発毛に取り組む為の過程において、それなりの将来的な計画を立てなければなりません。ですから、短いスパンでの症状の進展や経過や結果に心が余り左右されないと言うことが大切です。

育毛発毛に取り組む姿勢というのもは、その短い期間の結果に一喜一憂してしまうような精神的な弱さが出てくるようでは、育毛と発毛への頭皮の環境の改善と言うものが、なかなか思い通りに行かないと言うことにつながることにもなりかねませんね。


育毛と発毛に効果的な頭皮のマッサージ方法

抜け毛の予防対策・マッサージ

頭部のマッサージが、抜け毛の防止に非常に効果的と言われています。
頭部の血行をよくすることによって、髪の毛に栄養が行きやすくなります。

頭皮への血行が良くなるということは、髪が作られる毛乳頭や毛母細胞への栄養補給がスムーズになるため、丈夫な髪の毛も作られるし、現在生えている毛も抜け毛になりにくいというわけです。

抜け毛の防止策として、頭部の血行をよくするためには、マッサージが効果的だと言われています。抜け毛を防止するための頭部マッサージ方法には、次のような方法が有効だと言われています。

まず、マッサージを始める前に育毛剤を使用します。そして、頭皮の緊張をほぐすために両手のひらで頭部全体を軽くもむようにマッサージします。次に、額の髪の毛のはえ際あたりを、前後左右に20回くらいマッサージします。額から後頭部にかけて指先を頭皮に押しあてて、指先を回すようにして、前から後ろへ移動させます。

手の指を使い、頭皮を全体的に、トントンと軽くたたきます。抜け毛防止のためのマッサージを、ぜひ一度お試しになってみてください。マッサージ中は全身をリラックスさせて、目を閉じて、髪がふさふさになっているところをイメージトレーニングで思い浮かべるとよりいっそう効果的だといわれます。

マッサージには、血行をよくするという効果だけでなく、頭皮を柔軟にして、育毛成分を毛根にまですばやく浸透させるという大切な効果もあります。 せっかく育毛剤を使用してもマッサージをしなければその効果も半減してしまします。やはりマッサージは朝夜でできれば最低2回以上は励行することをおススメします。朝はマッサージだけで、夜はシャンプーの後にするなどの方法もよいでしょう。

抜け毛予防の為の正しいブラッシングの方法
抜け毛対策として、マッサージと並んで欠かせないものが、ブラッシングです。ブラッシングの基本がきちんとできていないと、髪や地肌にダメージを与えることになり、ますます抜け毛が進んでしまったりしかねません。

正しいをブラッシングすることによって、毛根を刺激し、頭皮の血行をよくすることで、抜け毛の予防をすることができます。特に、シャンプーをする前のブラッシングが、抜け毛予防に効果的だと言われています。抜け毛予防のブラッシングに使用するためのブラシは、地肌までブラシの先がよく通る、毛足の長目の粗いブラシがお勧めです。

ブラッシングの方法としては、次のような方法が効果的だと言われています。まず、ブラシの毛の生えている部分を持ち、ブラシの毛を地肌に寝かせてあてます。手首を回しながら、頭の丸みに沿って半回転させるのがブラッシングのコツです。そして、頭頂部から前後左右の髪の毛の生え際に向かってブラッシングを始め、髪の毛の流れに沿って、ていねいにとかしていきます。

次に、髪の毛の流れとは逆方向に、髪の毛の生え際から頭部に向かって、ブラッシングします。最後に、髪の毛の表面をとかします。ブラッシングをする時には、髪の毛をギューっと引っ張ると抜け毛につながるおそれがありますので、気をつけてください。

やさしく何度もブラッシングすることで、地肌を痛めずに汚れを取り除くことになり、心地よいマッサージ効果とともに血行を良くし、新しい毛髪が生えやすく、抜け毛も出にくい状態を作ります。

また、ブラシ選びにも気を配ることも大切です。ナイロンのブラシなどを使用するよりも、値段は少々高くてもできれば、豚の毛やイノシシの毛を使ったブラシを使用していただいて、頭皮や髪の毛をいためることの無いようにしてください。

ブラシは用途によって整髪用、ブラッシング用、育毛用と3タイプに分けられます。シャンプー前の時など、髪や地肌の汚れをとるときに使うブラッシング用のブラシ、髪をととのえるときに使う整髪用のブラシと2本あるとよいでしょう。ナイロンのブラシを使って激しいブラッシングをすると髪が乾燥していたりすると静電気が起きて、枝毛や切れ毛をおこす恐れがあります。


頭皮のケアを怠ると・・・!

頭皮が伸びてくると、顔の皮膚まで弛んでくるということです。

髪を美しく保つために大切な基本といえば、シャンプーとトリートメントですよね。使用するヘアケアグッズには、細かく神経を遣う方も多いかと思います。勿論、髪の状態にあった、質の良いシャンプーやトリートメントは健康な髪を保つには必要ですが、やはり健康な髪を作るのは、地肌です。

髪をつくる頭皮の環境にも気を配らなければなりません。具体的にどのようなことが必要かといえば、やはりマッサージが重要です。皮膚の代謝は、一定の年齢を過ぎるとそのまま何もしなければ、どんどん代謝が衰えていきます。

代謝が衰えることによって血行が悪くなったりすると髪を作る毛根に十分栄養が行き渡らなくなり、髪が細くなったり、抜け毛の原因になったりします。また、頭皮と顔の皮膚はつながっていることから、頭皮が衰えてたるんでくると、顔の皮膚もたるんで、ハリとツヤが失われ、シワの原因になるといわれています。

ですから、頭皮のたるみや顔の皮膚のたるみを予防するためにも「頭皮のマッサージ」をシャンプーをする時にも意識するようにし、まめに指の腹を使い、小さな円を描きながらやさしくマッサージを欠かさないようにしましょう。

「頭皮がたる」ということもよく知りませんでしたが、頭皮のたるみが、そのまま、顔のたるみになるなんていうことも以外だと思いませんか?

■【発毛・育毛/情報・話題/育毛の基本/コラム】
■【サイト案内】健康育毛サイト 髪は自力で生える!

生活習慣と抜け毛・脱毛の関係

不規則な睡眠時間や偏った生活スタイルの改善

抜け毛予防するにはライフスタイル全般を見直し改善する事が重要です。現代人は様々なストレスを抱えた社会で生きています。その中で、ストレスをためずに生活を送ることはなかなか難しいことですが、「ストレスは万病の元」と云われ、髪の毛にたいしても同じことが言えます。

日頃から、緊張をほぐしリラックスして体にとっても自分にあわせた適度な運動は髪の毛のトラブルにとてもいいですし健康にもいいのでお勧めです。日頃から体を動かすことで全身の血液の循環がよくなって、頭皮や髪の毛への血液も増えることから、抜け毛や薄毛の対策にもなります。

生活習慣を変えるだけで、髪の毛のトラブルはけっこう減るものです。髪のトラブルがすくなくなるということは、抜け毛も減るということになります。

髪の毛というのは、毛母細胞が分裂することで作られるものです。毛母細胞の細胞分裂は、午後九時前後がピークです。そのため、この時間のあたりはできるだけのんびりとからだを休めることがポイントです。

そして、頭にしっかりと血液が流れるようにしているのが望ましいのです。仕事が夜型の人は、ご飯を食べたりするのがこのくらいの時間になってしまったりするので、頭皮のほうに流れてほしい血液が、消化器系のほうへと流れてしまうのです。夜更かしと寝不足が続いては、毛母細胞の分裂が低下してしまいます。するとどうなるかというと、髪の毛を作る機能が低下してしまうということになるわけです。頭皮などにダメージとなることで抜け毛も避けられない問題になります。

生活のリズムの乱れはそのまま頭皮や髪のダメージへとつながり、それが抜け毛の原因となってしまいます。抜け毛を減らし育毛という観点からは、基本的な人間の生理にあった生活が必要で、夜更かしなどの睡眠不足の生活は髪にとってもおススメできません。

規則正しい生活をしていても、日常生活の中でストレスはなかなか避けられません。疲れたな、とか、最近ちよっとイライラするなと感じたときは、ゆっくり休んだり、気分転換などをしたりして、ストレスを解消するようにしてください。ストレスのせいで、大事な髪の毛が抜け毛となってしまったり、薄毛になってしまうことにもなりかねません。

抜け毛と嗜好品(喫煙・酒など)との密接な関係

「飲酒」や「喫煙」といった生活習慣が抜け毛には大きく関係しています。若者に抜け毛や薄毛で悩む人が増えているのも、食生活や生活習慣の乱れが大きく関係していると云われます。

タバコが健康に良くないという事実は幅広く認知されている昨今。 愛煙家には耳の痛いことかも知れませんが、 医学的にもすでに解明されており、タバコは健康だけでなく髪の毛にとっても良くないのです。

規則正しい生活を心がけていても、喫煙をしていてはせっかくの努力も無駄になってしまいます。タバコに含まれるニコチンが欠陥収縮を起こすので、血液の循環が悪くなってしまい、栄養が十分に毛細血管まで届かなくなってしまい、髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまいます。血液の流れが悪いことも、抜け毛の原因となります。1日に何本も喫煙をされているヘビースモーカーの方は抜け毛には特に注意が必要です。

抜け毛予防と食生活の関係
抜け毛の原因として考えられる事に、食生活も一因とされます。バランスの良い食生活をしていない場合、十分に髪へ栄養がいかず髪が育たなくなり、抜け毛が進行する場合があります。

フケ、皮脂などは抜け毛予防の天敵です。その皮脂の分泌量を抑える為の食生活、いわば、内部からの抜け毛予防も必要なのです。また、過度なダイエットによる栄養不足は、毛根に悪影響を及ぼします。

ファーストフード、コンビニ弁当やカップラーメンなど、偏った食生活も抜け毛を促進してしまいますので注意が必要です。塩辛い物や、動物性脂肪を多く含んだ食べ物も抜け毛の原因と考えられています。刺激の強い香辛料を含んだ食べ物は、汗をかきやすくなるので、皮脂腺を余分に刺激してしまい、皮脂の原因になります。

髪を健康に保つためには、動植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く摂ることが重要です。健康のため、抜け毛予防のためにバランスのとれた食事をとること心がけてください。

育毛に必要・効果的な食事・食物

野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚なども組み合わせてバランス良く採ることが、大切です。

主に育毛に必要とされている栄養素は、日本人に不足がちな亜鉛とされています。亜鉛は牡蠣や大豆製品、レバーなどに多く含まれ、体の組織形成、毛髪などの成長に必須な栄養素とされています。

ビタミンB群は、レバー,卵、大豆製品、緑葉野菜に多く含まれ、頭皮の新陳代謝を高め、毛穴の炎症などを抑えます。体の機能回復には、抗酸化作用のある栄養素としてビタミンA・C・Eが挙げれれます。

抗酸化作用によって、活性酸素が排除されることにより、老化が食い止められ、血行や免疫力が回復することで、栄養が頭髪にまで行き渡り、体内の老廃物を正常に廃棄する事が期待できます。このような栄養素を取る一方、脂肪分や糖質の多い食品は、食事のメニューから外して栄養バランスを取るようにします。

また、体内の脂肪、中性脂肪やコレステロールを減らすために、食物繊維を多くとり、食材は環境ホルモンの無い無農薬有機農法のものを使い、規則正しい食事を心掛ける事が基本です。

緑葉野菜や果物に多く含まれるビタミンEやビタミンCは、抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防ぎ頭皮を清潔に保つ他に、毛穴の血流を円滑にする作用があります。卵や大豆、納豆、青魚にに含まれるビタミンBは、頭皮の保湿に効果があり、フケなどの発生を防ぎます。

最近良く効く抗酸化作用のあるアスタキサンチンやベータカロチンは、ニンジン、イクラ、エビやカニ等に含まれ、ビタミンEよりも高い抗酸化作用があり、中性脂肪など減らす作用もあり、はげの体質改善に有効とされています。

そのほかに効率的に栄養素を摂取するためには補助食品としてサプリメントを利用することで、不足がちな栄養素を補うのが賢明な方法です。ただ、必要以上にサプリメントに頼らずあくまで補助食品として、不足分を補うことで、普段の食事を含めて、健康的な生活を志すことが理想的です。

■【発毛・育毛/情報・話題/育毛の基本/コラム】
■【サイト案内】健康育毛サイト 髪は自力で生える!

自毛植毛と人工植毛の違いについて

人工植毛
ご自身の髪の替わりにナイロンか化学合成繊維で造られた、医療用に開発された人工毛を頭皮に定着させる治療法なのです。
自毛植毛と違い毛の量に際限がなく、伸びるまでの時間も必要ありません。
また、何本でも好きなように植えられることが長所であるようです。
人工植毛では、専用の静電植毛針を使用し、帽状腱膜の真上に植毛するのです。自然さを追求するため、人工毛髪の表面にはキューティクル加工がされており、髪の色も多様なものが用意されているようです。
一般的なイメージとしては「増毛」に近いかもしれません。


人工植毛のリスク
この植毛術が始まった頃は、すぐに抜けたり、頭皮が感染症を起こしたりとクレームが続出し全国各地で「被害者の会」が結成され社会問題にもなりました。皮膚というのは、外界に対する生体のバリアです。その防御壁(バリア層)を突き破って異物が体内に入るわけですが、人工毛は身体からみればそれが同化して生体の一部になるわけではなく、あくまで異物として存在します。

従って、抜け落ちたり炎症などの拒否反応を起こしたりといったリスクはつきまとい、感染を起こして抜けてしまうだけならまだ良いのですが、植えたときに頭皮の中に固着させるための工夫が施されているので、個人によっては人工毛が抜けないまま感染が続く事がありますので要注意です。

最近の人口毛は素材が改善されているとのことですが、過去のトラブルが元でアメリカ合衆国においては人工毛植毛が禁止されています。

自毛植毛

髪が薄くなるのは男性ホルモンの影響が大きな原因です。
側頭部から後頭部にかけての頭髪は、薄毛を誘発する男性ホルモンの影響を受けにくくほぼ生涯に渡って生え続ける性質を持っています。
「自毛植毛」は今あるご自身の側頭部から後頭部の頭髪を採取し、薄くなった部位へ再配分する医療技術です。
この頭髪の性質は、身体の他の部位(髪の毛、眉毛、陰毛、ヒゲなど)に植え替えても変化することはなく、植毛された頭髪は、植え替えられた部位で生涯にわたって生え続けます。
それを男性型脱毛などの薄毛治療に利用したのが自毛植毛です。

自毛植毛の最大の特徴は、自分の毛を使用するということです。
自分自身の頭髪なので、当然、異物反応は起こりません。
ですから、自毛の活用は、安全性が高い特徴があります。

自毛植毛の歴史

脱毛の治療方法として、皮膚を移植する方法が提案されたのは、1800年代のことです。

現在の自毛植毛のはじまりは、1959年に提案された、奥田・オレントライヒ法といわれています。

その後、手術技術の発達とともに、移植できる植毛株が、10本単位から、1本1本の毛穴単位にまで細かくなりました。

これにより、生え際などに移植しても、より自然な仕上がりを実現できることになったのです。

自毛植毛の特徴

頭髪は、一つの毛穴から一本の毛が生えているわけではありません。

現在の最新技術では、毛根の単位で植毛することが可能になっています。

手術は顕微鏡を使って行われる精密な技術ですが、非常に自然な仕上がりになります。

現代の日本では、優れた医学技術を背景に、毛髪を毛根単位で移植する最先端のフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)が主流になりつつあります。

治療の期間

施術の部位と範囲(本数)により異なります。

手術後の消毒や抜糸は、通院で行うことが可能なので、長期の入院は必要ありません。

また、職種にもよりますが、ほとんどの場合は、手術の翌日から仕事ができます。

植毛の注意点・メリット

手術を行った後は、経過観察や抜糸のために通院する必要があります。

また、傷が治るまでの間は洗髪もできません。

そのため、時間のとれない人には難しい方法といえるかもしれません。

手術の傷もしばらくの間は目立つので、長期休暇などを利用して手術を受ける人も多いようです。

定着率には個人差があるので、手術のすべての頭髪が定着するとは限りません。

もちろん個人差がありますが、最悪の場合、全く定着しない可能性もゼロではありません。


気になる生え際を自然に見せる自毛植毛でいつまでも髪フサフサ

男女問わず、髪は、大切な長い友達。

ある程度、年をとるとその大切さが、実感として、しみじみわかります。

でも、若くて、髪がフサフサしているときは、 そんな髪の大切さなど、あまり気にしたことなど無かったような気がします。 でも、最近は、やはり、年齢を重ねると、まず、白髪がチラホラ、 すると、髪質がだんだんは細くなっていくんですね。

そんな、少しずつ寂しくなる、頭をいつもケアしていると、 フサフサ、邪魔なほど、生えていた頃が懐かしいです。 私と同じような気持ちの方も多いと思います。 でも、自然には、やっぱり逆らえません。

自然に逆らえないのなら、 現代の髪の毛のケアの最新技術を利用しましょう。

「トラブルや悩み」に関することや、 積極的に自分髪を増やしたい方は、 植毛について詳しくお知りになってみては、いかがでしょうか?

自毛植毛の中でも、特に優れ、気になる生え際も 自然に仕上がる方法だということです。






おすすめ記事

メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi Oda


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス