生活習慣・食事と抜け毛・脱毛の関係

抜け毛や育毛を考える上で、最も気をつけるべき大切なことは、生活習慣のチェックです。そして、食生活において栄養のバランスのとれた食事を心がけるようにすることです。ストレスをためない生活習慣で健康的で、リズムのある生活を送ることが大切です。

育毛に良いとされる食品

・豆乳
豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、髪の育成に必要な女性ホルモンの宝庫なのです。男性ホルモンの過剰な分泌を抑え、バランスを整えてくれるのです。毎日牛乳の代わりに豆乳に切り替え手見ることをお勧めます。

・納豆いわゆる大豆食品は、豆腐、豆乳など、この納豆を含め、育毛の救世主とも言われるくらいおすすめできる商品なのです。特に、納豆は栄養価も高く、食品の優等生。価格も安く手に入れることが出来ますし、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という、体の血液をサラサラにしてくれるとても、健康も貢献してくれる商品なのです。 納豆が苦手な人は、食べ方を工夫することによって美味しく食べることも可能なので、ぜひ、毎日の食卓にのせるようにしてみてください。

・モズク
海の海藻であるモズクは、フコイダンをはじめ、カルシウム・ナトリウム・カリウムなどのミネラル、ビタミンを多く含んだとても健康に良い食品です。健康志向によってこのモズクの人気も高くコンビニなどでも簡単に買うことが出来ます。納豆が苦手な人には残念ですが、一緒に食べるととても育毛に対して、相性が最高なのです。


 髪の毛を作っているタンパク質の主要成分に、「シスチン」と呼ばれる成分があります。この育毛・発毛の為に必要な「シスチン」を生成するのに、過不足なく摂取しておきたいのが、「メチオニン」と言う栄養素です。あまりし知られていませんが、これが抜け毛の予防のためには欠かせないのです。

長期に渡ってメチオニンが不足すると薄毛や抜け毛のきっかけになる可能性があります。抜け毛の予防の為にも、意識してこの「メオニチン」成分を多く含む食品を採るるよう心がけましょう。

「メチオニン」を多く含む食物として、果物、肉、野菜、ナッツ、マメ科の植物があげられます。特に、ホウレンソウ、グリーンピース、ニンニク、ある種のチーズ、トウモロコシ、ピスタチオ、カシューナッツ、インゲンマメ、豆腐、テンペに豊富に含まれます。肉類では鶏肉、牛肉、魚肉など大部分のものに含まれているのです。

さらに、枝豆 しらす干し のり マグロ かつお 鮭の筋子 卵 なども摂取すると良いでしょう。抜け毛の予防には、育毛や発毛を意識たし食生活を考え、実行に移すという積極的な取り組みが必要です。

■【発毛・育毛/情報・話題/育毛の基本/コラム】
■【サイト案内】健康育毛サイト 髪は自力で生える!

発毛と育毛に効果的なシャンプーの方法

育毛ケア~シャンプーについて

 薄毛の予防・育毛は正しい洗髪の仕方で、半分以上が決まると言っても過言ではありません。薄毛に悩む人に共通するのは頭皮が傷んでいることです。頭皮と髪の関係は、畑の土壌とそこで取れる作物の関係にと同じようなものです。良い作物を育てようと思えば、良い土壌が必要です。肥えた畑に作物が実るように、健康な頭皮に健康な髪が育ちます。

あなたは、きちんと正しい洗髪を日頃から意識していますか?どんなにサプリメントを摂ろうと、育毛剤をつけようと、頭皮が清潔でなかったら髪は上手く育ちません。 それだけ『洗髪』は育毛においてかなり大きなウェートを占めています。

しかしながら、必要以上に、洗髪の回数や時間をかけて、念入りに洗っているのも感心できません。
「皮脂」は本来は悪者ではなく頭皮を守る物質ですから、過剰な洗髪は逆に皮脂の過剰分泌を促すことになります。 何事も適切でない方法を誤れば、薬にも毒にもなりますので、もう一度、髪のケアにとって必要な知識を得ることから、育毛に取り組みましょう。

洗髪の一番の目的は、『過剰分泌された皮脂が固まる前に洗い流すこと』『固まった皮脂を洗い流すこと』という点を留めておいて下さい。

 毎日使うシャンプーだから、髪と頭皮にやさしい「アミノ酸系」がおすすめです。 シャンプーはヘアケアの基本。だから、髪をいたわるなら、こだわって選び、正しく使いましょう。

◆シャンプーはアミノ酸系がおすすめ
 シャンプーの選び方ですが、私がおすすめしたいのは「アミノ酸系シャンプー」です。これは、アミノ酸から作られる洗浄成分(合成界面活性剤)を使用したシャンプーのこと。

アミノ酸系シャンプー
・頭皮や髪に対して低刺激でやさしい。つまり身体に対する安全性が高い。
・アミノ酸は天然素材であることから、生分解性・資化性に優れている。
・適度な洗浄力があり、起泡力がある。
・硬水でも泡立ちが良い。
・肌と同じ弱酸性なので、頭皮がつっぱらず、髪にも優しい。
・保湿性が高く、洗い上がりにパサつかない。
・商品を開発する立場からは、アミノ酸系の洗浄成分は、液体、固形、ペースト、粉末など、いろいろな形状の製品を作ることができる。

 代表的なアミノ酸系の洗浄成分を強いて挙げてみますと、ココイルグリシンK、ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸(コカミド○○とも表記されます)、ラウリン酸、ミリスチン酸などがあります。これらのアミノ酸系の洗浄成分が書かれていれば、「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸系シャンプーの中には、高級アルコール系シャンプーによく使われる「ラウレス硫酸塩(ラウレス硫酸Na)」が入っていることもあります。ラウレス硫酸塩は、ヤシ油などの植物性原料から作られるものもあり、製品に「アミノ酸系」と書かれていれば問題ないでしょう。一つの成分だけを取り上げるのはたいへん難しいので、製品全体としての効果が大切です。

アミノ酸系シャンプーの欠点
 アミノ酸系シャンプーは、せっけん系シャンプーや高級アルコール系シャンプーに比べて洗浄力がやや弱いため、時間をかけてやさしく洗うという手間がかかります。また、保湿性が高く、髪のボリュームを出しにくいことや、アミノ酸系の洗浄成分を作る原料の価格が高く、製品の価格も高いこともデメリットといえるでしょう。アミノ酸系シャンプーは、人にやさしいシャンプーです。できるだけ髪と頭皮にやさしいシャンプーを選んでください。

育毛ケア【シャンプー】

軽くブラッシング
洗髪前ブラッシングで頭皮や髪の汚れ・フケなどが落ちやすくなります。また、髪のもつれが解けますので、洗髪中に指が引っかかることが少なくなります。

お湯でしっかり洗う
チョコチョコっと濡らしていきなりシャンプーをつける人がいますが、始めに必ずお湯でしっかりと流して下さい。実は髪・頭皮の汚れの大半はお湯だけで落ちるんです。残った頑固な汚れ等をシャンプーで落とすイメージです。 髪をしっかりと濡らした後シャンプーを行った方が泡立ちも良く、何よりシャンプーをつけている時間が減ることで頭皮への負担も軽くなります。

シャンプー
シャンプーは自分に合った物を使って下さい。 基本的にシャンプーの量は少ない方がいいです。シャンプーは刺激が強いですので、お湯でしっかりと泡立ててからシャンプーを髪につけましょう。指の腹でマッサージするように。『抜け毛が怖いから』と軽く触れる程度に洗っても皮脂の固まりは取れません。よほど強くやらない限り、洗髪で抜けるような髪は放っておけば数日後には必ず抜ける毛です。

終わったらお湯ですすいで2度目のシャンプー。シャンプーの量は同じくらいで。1回目よりも2回目の方が泡立ちも良いですし、しっかりと洗って下さい。

すすぎ
これが一番重要と言っても過言ではありません。 せっかくシャンプーで汚れをしっかり落としても、すすぎが適当だと汚れもシャンプーも頭皮に残ったままになり、頭皮に悪影響を与えます。汚れ・シャンプーが残らないようしっかりすすぎましょう。

リンス・トリートメント
使用しているシャンプーが石けん系の場合は酸性リンスで中性に戻してあげましょう。トリートメントは好みでつけて下さい。頭皮にはつけないように気をつけて下さい。

タオルドライ
まずはタオルで水分をしっかり取ります。 もちろんゴシゴシ拭くのではなく、髪を押さえる感じで吸水した後、軽く拭きます。

ドライヤー
しっかりとタオルドライしたらドライヤーで乾かします。 もちろん長時間の使用は頭皮の乾燥を招くため使いすぎは禁物ですが、濡れたまま放置すると生乾きになり、雑菌が繁殖したり蒸れて頭皮にダメージを与える恐れがありますので、強風でサッと乾かすのがおすすめです。

以上のように、特別な事は何一つないのですが、日頃、なおざりにしているところなどあらためて気付くことが、あるかとは思います。髪は、デリケートなものでやはり日頃のケアをきちんとすれば、髪もそれに必ず応えてくれるものです。「基本の洗髪」大事ですから、きちんと実行していきましょう!

シャンプー、リンスのすすぎ残しに注意!

すすぎ残しは抜け毛の原因に

 シャンプーやリンスを良くしているのに、フケが出やすいという人は、すすぎ方を間違えている問う場合が考えられます。リンスの効果は瞬間的なものなので、一度リンスをすれば後は良く流しても効果は変わらないのです。シャンプーもリンスもすすぎ不足で頭皮に残ると皮膚炎になることもあります。

一日に100本以上髪の毛が抜けたら危険信号です。

髪の毛は約10万本あると言われています。それぞれの毛は女性の場合は4年~6年の成長期と数ヶ月の休止期を経て抜け落ち、しばらくすると毛が再び成長期を迎えるというサイクルになっていると言われます。

このメカニズムの中で自然に抜け落ちる髪の毛の数は1日に50本程度が一般的と言われており、抜け毛の時期と言われる秋でも一日に100本以上の髪の毛が抜けるような要注意と言えます。また抜け毛はコレステロールや添加物の過剰の摂取、髪の毛の成長に必要な栄養源の低下などの様々な問題が考えられます。それを予防すにはバラスの良い食事を心がけることも大切です。

食事で取りすぎに注意したいのは、「油っぽい食事」「甘いもの」「味の濃い物」「アルコール類」と言われています。抜け毛が気になる前に食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

【コラム:抜け毛と洗髪】

 頭皮の毛穴や表皮そのものから分泌されている「皮脂」は、頭部の乾燥を防ぎ、傷から守るという、大事な役目を担っています。皮脂の酸化が脱毛を誘発することが動物実験で確認されています。ならば、シャンプーで頻繁に髪を洗って皮脂を取り除いた方が、抜け毛予防に効果的なのではないかとおもいますが、毎日洗っても構わないが、私は2日に1回程度でいいと考えています。

何日も髪を洗わないと皮脂の酸化による影響があるかもしれないが、2、3日ならさほど問題はないと思います。皮脂は24時間たたないと元の状態に戻らないと云われており、毎日もしくは、それ以上の洗髪は多過ぎるでしょう。

現代人は、毎日入浴し・洗髪の習慣のある人も多いかもしれませんが、毎日髪を洗う習慣がなかった戦時中の人の方が、現代人より薄毛が多かった事実はないはずです。逆に、最近では、洗い過ぎが原因で頭皮が乾燥したり傷ついたりし、炎症で抜け毛が増えている人が多意のではないかと思われます。

昔から海藻は、育毛に効果的と伝えられている根拠というものは、ただ、海藻のイメージと髪をダブらせて伝えられてきたようであるが、実際に、ワカメなど海藻はミネラルを多く含み、体の健康に良いので、髪にも悪いはずが無い。ただ、直接、抜け毛に効果が期待できるとは言えないので、たくさん食べれば脱毛が抑えられるわけではない。

基本的に髪の毛はタンパク質で出来ておりそのタンパク質を多く含む食品やビタミン、ミネラルなど、いろいろな食品をバランス良く食べることが大切であることは間違いないと思われます。

■【発毛・育毛/情報・話題/育毛の基本/コラム】
■【サイト案内】健康育毛サイト 髪は自力で生える!
関連記事

育毛と発毛の予防と対策の為の効果的なサプリメントの選び方

育毛外来でも採用された本物の育毛サプリメント

誰もが薄毛や抜け毛で相談できずに悩んでいます。抜け毛や薄げに悩んでいる方で、「現在髪や頭皮のについて、気軽に相談できる人はいますか?」と尋ねたところ、4人に3人はいないという結果がでました。気軽に相談できる人がいないだけではなかなか、正しい髪や頭皮の知識を知ることが出来ません。

それだけでも不安になり、ストレスが溜まって頭皮に悪い影響を与えている方も大変多いのです。あなたは今のヘアスタイルや髪質、ボリュームなどに満足していますか?

抜毛や薄毛は男性ばかりが目立ちますが、実は想像以上に髪のお悩みをもつ女性は増えています。さまざまな要因によって毛髪が細く薄くなっていくといわれていますが、多くは生活習慣の中に原因がある場合がほとんどです。また男性と違い、女性の場合は髪全体の毛髪量が徐々に減っていくので気づいていない場合も多く見うけられます。
 
 ラズベリーケトンは、ラズベリーに含まれる成分のひとつで、脂肪細胞に直接作用して脂肪分解を促す効果がある。同様の効果を持つものの中に唐辛子に含まれるカプサイシンが挙げられるが、ラズベリーケトンの効果はカプサイシンの3倍といわれるほど強力なものである。もともと、ラズベリーケトンがカプサイシンと似た構造を持っていることからラズベリーケトンの研究が始まり、最近になって注目を集めるようになりました。

髪の成長がストップした場合でも、毛乳頭に働きかけ再び活性化させる働きを持つ成分なのです。この事実に注目し、これまでにない画期的な育毛用ローションを開発したのです。このローションのみで、小学生の男の子の円形脱毛にかなりの効果があり、サプリメントとの併用により完全に回復したという、例もあります。

また、一般の男性に使用してもらい、6割程度の方に、増毛等の髪の毛の変化が見られたことが分かっております。おすすめする「ダブルインパクト」(カプサイシン、イソフラボン)と併せて使用することにより、更なる効果が期待されます。体内、体外から毛根を刺激し、育毛を促しましょう。

正しい髪の洗い方で育毛と発毛対策

きちんと正しい洗髪を日頃から意識されていますか?

薄毛の予防・育毛は正しい洗髪の仕方で、
半分以上が決まると言っても過言ではありません。

どんなにサプリメントを摂ろうとも、どんなに育毛剤をつけようとも、頭皮が清潔でなかったら髪は上手く育ちません。 それだけ『洗髪』は育毛においてかなり大きなウェートを占めています。 不規則な生活状態で、髪のケアの中でも基本的な「洗髪」をおろそかにしていませんか?

必要以上に、洗髪の回数や時間をかけて、念入りに洗っているのも感心できません。 「皮脂」は本来は悪者ではなく頭皮を守る物質ですから、過剰な洗髪は逆に皮脂の過剰分泌を促すことになります。

何事も適切でない方法を誤れば、薬にも毒にもなりますので、もう一度、髪のケアにとって必要な知識を得ることから、育毛に取り組みましょう。 洗髪の一番の目的は、『過剰分泌された皮脂が固まる前に洗い流すこと』『固まった皮脂を洗い流すこと』という点を留めておいて下さい。

洗髪の方法

軽くブラッシング
洗髪前ブラッシングで頭皮や髪の汚れ・フケなどが落ちやすくなります。また、髪のもつれが解けますので、洗髪中に指が引っかかることが少なくなります。

頭の洗い方
チョコチョコっと濡らしていきなりシャンプーをつける人がいますが、始めに必ずお湯でしっかりと流して下さい。実は髪・頭皮の汚れの大半はお湯だけで落ちるんです。残った頑固な汚れ等をシャンプーで落とすイメージです。 髪をしっかりと濡らした後シャンプーを行った方が泡立ちも良く、何よりシャンプーをつけている時間が減ることで頭皮への負担も軽くなります。

シャンプー
頭皮の状態に適したシャンプーを使うことがまず大切なことです。。 基本的にシャンプーの量は少ない方がいいです。シャンプーは刺激が強いですので、お湯でしっかりと泡立ててからシャンプーを髪につけましょう。 指の腹でマッサージするように。『抜け毛が怖いから』と軽く触れる程度に洗っても皮脂の固まりは取れません。よほど強くやらない限り、洗髪で抜けるような髪は放っておけば数日後には必ず抜ける毛です。 1度目が終わったらお湯ですすいで2度目のシャンプー。シャンプーの量は同じくらいで。1回目よりも2回目の方が泡立ちも良いですし、しっかりと洗って下さい。

すすぎ
これが一番重要と言っても過言ではありません。 せっかくシャンプーで汚れをしっかり落としても、すすぎが適当だと汚れもシャンプーも頭皮に残ったままになり、頭皮に悪影響を与えます。汚れ・シャンプーが残らないようしっかりすすぎましょう。

トリートメント
使用しているシャンプーが石けん系の場合は酸性リンスで中性に戻してあげましょう。トリートメントは好みでつけて下さい。頭皮にはつけないように気をつけて下さい。

タオル
まずはタオルで水分をしっかり取ります。 もちろんゴシゴシ拭くのではなく、髪を押さえる感じで吸水した後、軽く拭きます。

乾燥・ドライヤー
しっかりとタオルドライしたらドライヤーで乾かします。 もちろん長時間の使用は頭皮の乾燥を招くため使いすぎは禁物ですが、濡れたまま放置すると生乾きになり、雑菌が繁殖したり蒸れて頭皮にダメージを与える恐れがありますので、強風でサッと乾かすのがおすすめです。


以上のように、特別な事は何一つないのですが、日頃、なおざりにしているところなどあらためて気付くことが、あるかとは思います。 髪は、デリケートなものでやはり日頃のケアをきちんとすれば、髪もそれに必ず応えてくれるものです。 「基本の洗髪」大事ですから、きちんと実行していきましょう!

■【発毛・育毛/情報・話題/育毛の基本/コラム】
■【サイト案内】健康育毛サイト 髪は自力で生える!

おすすめ記事

メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス