育毛にやさしい整髪用のスタイリング剤の使用方法


育毛を気にする方にとって、散髪へ行くということは、精神的にいくばかりかの葛藤のようなものを感じる方が多いのではないでしょうか。

髪を切ることに対して敏感になることは致し方がないことではあるのですが、私も理髪店で髪を切ってもらうときには、カットしていただいてもそれ以外については、あまりサービスを望まないことが多いです。

基本的にスタイリング剤などはつけないように注文をだします。普通の理髪店に行けば、髪を切った後に整髪してもらうと、いろんなものをつけてくれます。

リキッドやムース、あるいは、スプレーなどこれでもかといわんばかり、かっちりと決めてくれるのですが、私はスタイリング剤というものは、育毛にとってあまり望ましくないものと感じています。

普段の生活の中でも、日常的に、スタイリング剤というものを極力使用しないようにしています。でも、特別な冠婚葬祭などのときは使用することもありますが。

散髪をされる方の理髪店を訪問される回数というのは、1ヶ月から2ヶ月の間に1回くらいの割合の方が大体、平均くらいだと思います。

ですから、そのときくらい別に断らなくてもどうでもいいくらいのことかもしれません。育毛に対する、ちょっとした抵抗というか、こだわりみたいなものですね。

でも、スタイリング剤が頭皮の環境に与える影響は、育毛にとってはあまり望ましくないというふうにいわれていますので、日常、薄毛を隠すためにスタイリング剤を利用している方などは、注意した方が良いでしょう。

抜け毛・脱毛など育毛の大敵、【紫外線】

これから、夏に向けて、直射日光が強くなります。

熱い時には、特に、頭皮に注しなければなれません。

その注意しなければならないものに、紫外線がありますね。

紫外線の影響については、健康を害する事でよくご存知の方も多いでしょう。

ですから、頭皮の環境にだって、抜け毛や脱毛で、現在、お悩みの方には、育毛対策にとって気をつけなければならないひとつなのです。

さて、頭皮の環境と、育毛に悪影響を与える紫外線ですが、一年で最も強くなるのが、真夏の猛暑がやってくる8月頃と思われる方が多いと思います。

確かに、気温が高いということは、それだけ太陽からのエネルギーが、地表に降り注いでいるのですから、当然、紫外線もそれに比例して、増えると考えるのが普通かもしれません。

しかし、実際には、紫外線は、春先からどんどん上がり、日本で平均的な梅雨時である、6月、7月が一番強い時期であると言われているのです。

ですから、抜け毛や脱毛でお悩みの方が、育毛対策の1つとして、紫外線対策に乗り出すのでしたら、もう、既に始めなければならないと言うわけです。

その対策如何によって、真夏のを過ぎ、秋の気配を感じた頃に、育毛の予防と対策が、効果を表すと言う事なのですね。

何事も、予防と対策は、先手必勝です。

時期を逸すると、結果に反映されません。

抜け毛、脱毛の予防と対策も同じですね。
関連記事

おすすめ記事

メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス