抜け毛・脱毛など育毛の大敵、【紫外線】

これから、夏に向けて、直射日光が強くなります。

熱い時には、特に、頭皮に注しなければなれません。

その注意しなければならないものに、紫外線がありますね。

紫外線の影響については、健康を害する事でよくご存知の方も多いでしょう。

ですから、頭皮の環境にだって、抜け毛や脱毛で、現在、お悩みの方には、育毛対策にとって気をつけなければならないひとつなのです。

さて、頭皮の環境と、育毛に悪影響を与える紫外線ですが、一年で最も強くなるのが、真夏の猛暑がやってくる8月頃と思われる方が多いと思います。

確かに、気温が高いということは、それだけ太陽からのエネルギーが、地表に降り注いでいるのですから、当然、紫外線もそれに比例して、増えると考えるのが普通かもしれません。

しかし、実際には、紫外線は、春先からどんどん上がり、日本で平均的な梅雨時である、6月、7月が一番強い時期であると言われているのです。

ですから、抜け毛や脱毛でお悩みの方が、育毛対策の1つとして、紫外線対策に乗り出すのでしたら、もう、既に始めなければならないと言うわけです。

その対策如何によって、真夏のを過ぎ、秋の気配を感じた頃に、育毛の予防と対策が、効果を表すと言う事なのですね。

何事も、予防と対策は、先手必勝です。

時期を逸すると、結果に反映されません。

抜け毛、脱毛の予防と対策も同じですね。

AGAとプロペシア治療:育毛に関する基礎知識

フィナステリド(プロペシア)-男性型脱毛症(AGA)治療の医療用医薬品

薄毛の年齢は、ここ数年、かなり若年傾向にあります。成人男性よりも若くして抜け毛、ハゲで悩んでいる方も少なくなく、悩みの度合いも深刻になっています。若年性のハゲにについては、その原因の要素としてあげられるが、間違った頭皮ケアが原因になっていることがあります。

まず、頭皮に対して優しく負担のかからないシャンプーを使用し、頭皮に対して乱暴なケアを避けるということです。頭皮は強くこすらず、マッサージを心がけて下さい。また、リンス・コンディショナーを使用した後も、シャンプー同様に頭皮に残らないようにすすぎ落とように心がけてください。

精神的ストレスは、抜け毛、薄げに影響を与えます。普段の生活態度なども見直し、十分な睡眠をとるように心がけ、食事等においても偏らず、栄養のバランスを考えて摂るようにしましょう。嗜好品に関しては、特に喫煙習慣のある方は、不足しがちなビタミンなどをサプリメントなどを通して、補うようにしましょう。

プロペシアは、医師の処方により、男性型脱毛症の進行を遅らせるために、飲み薬として使用します。プロペシアの使用条件には、通常、成人男性に限られています。

AGA(男性型脱毛症)
 AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、一般には「男性型脱毛症」のことを指ます。、思春期以降の男性に発症する進行性の脱毛症のことをいいます。 一般的な症状としては、だんだんと額が後退してきたり、頭頂部が薄くなるなどの症状が起こってくるのが特徴です。 このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。

AGAには特異的な脱毛パターンがあり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛(うす毛)が進行していきます。 AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があります。 早い人では、10代で状が現れるケースもあります。このAGAは、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こると考えられています。

AGA(男性型脱毛症)の原因
 AGA の最も大きな原因として考えられている男性ホルモンは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、発毛を抑制してしまうと言われています。

その他の理由としてヘアサイクルの乱れも考えられています。私たちの髪は、「ヘアサイクル」に基づき、毎日少しずつ成長しています。 AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。 AGAは遺伝によるところが大きいとも言われていますが、「偏った食生活」や「睡眠不足」、「喫煙などの生活習慣」、「ストレス」などもAGAを進行させる原因 となっているようです。

AGA(男性型脱毛症)の治療
 AGAで悩んでいる方の多くは、市販の「育毛剤」や「育毛トニック」などを使用されていたと思います。しかし、飲むAGA治療薬「プロペシア」の発売に伴い、「医療機関でのAGA(エージーエー)を治療」が可能となりました。 しかし、このAGA治療薬である「プロペシア」は、医師の指導の下お薬を飲んで いただくことが大切です。

このAGA(エージーエー)治療薬は内服薬ということで、副作用を気にされている方も多いと思いますが、AGA(エージーエー)治療薬プロペシアの副作用は、大変低いとされています。 しかし、まれに性欲減退や性機能低下の副作用が起こるという報告もあります。 もし、このような症状が起こった場合には、内服を中止すると症状は改善するので安心です。AGA(エージーエー)治療薬の服用は、食事に関係なく1日1回の 内服で6ヶ月以上飲み続けることで効果がみられるといわれています。

しかし、自己判断で治療を中止したり、誤った使い方をすると、 副作用が起こりやすくなることもあるので、必ず医師と相談しながら 内服するようにしましょう。

プロペシア
  一般名ではフィナステリドと呼ばれています。 男性型脱毛症の進行を抑制するための経口薬、「飲む育毛剤」です。 本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品なのですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤として用途が広がったのです。

アメリカ食品医薬品局(FDA)では正式に「飲む育毛剤」として認可されています。 「男性型脱毛症」は、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変わり、このジヒドロテストステロンが、毛母細胞の働きを抑えるたんぱく質を作ることによっておこります。

プロペシアの薬用成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼTypeⅡの働きを抑え、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐことによって、脱毛を防ぐ働きがあります。 日本では、萬有製薬が2005年10月11日に厚生労働省から輸入承認を取得し、同年12月14日から日本初の男性型脱毛症(AGA)用薬「「プロペシア」が発売されました。

現在、プロペシアは医療用医薬品で、購入には医師の診断、処方が必要です。 治療費は保険の対象とはならず、全額自己負担となります。プロペシア服用は成人男性が対象となっており、女性は服用できません。

プロペシアの効果
 プロペシアは男性型脱毛症の治療薬で、男性型脱毛症の進行を遅延させると言われています。男性型脱毛症は、壮年性脱毛症とも言われ、遺伝的な要素が強く、20~30歳代にかけて徐々に髪の毛が細く薄くなります。

脱毛は、主に男性ホルモンであるテストステロンの働きが原因によって起こると言われています。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、テストステロンからジヒドロ・ テストステロンを生み出すきっかけとなっている、5α-還元酵素の働きを抑制する働きを持っています。

プロペシアを内服した国内臨床試験の結果では、万有製薬(米・メルク100% 子会社)によると、0.2mgを投与することで54%に改善効果が、1mgを投与することで58%に改善効果が見られたと報告されています。(0.2mg錠投与=54%、1mg錠投与=58%)また、海外臨床試験の結果でアメリカでは70%以上の効果があるといわれています。

プロペシアの効果を感じるにはある程度、時間が必要とされています。 3ヶ月から6ヶ月で効果が出る方もいれば、脱毛症の進行により、それ以上の時間がかかる方もいます。

プロペシアは医師の診断・処方箋が必要です
プロペシアは医療用医薬品であるため、購入には医師の診断・処方箋が必要となります。(保険適用外) 頭髪、頭皮の状態は人それぞれです。本当に治療が必要か、プロペシアの処方が最適なのかは当事者(患者さん)のご状態によります。 まずは専門の医療機関を受診してみてはいかがですか?。

治療にかかる費用
 AGA(エージーエー)治療をはじめる前に気になるのが治療費です。 基本的にAGA(エージーエー)治療薬プロペシア(一般名:フィナステリド)は健康保険の給付対象になりませんので、治療薬を用いたAGA(エージーエー)の治療費全体が保険適用外で全額自己負担になります。

この負担費用は病院や調剤薬局の処方料によって異なりますが、AGA(エージーエー)治療薬プロペシア1錠の料金は250円となっています。 この治療薬は保険対象外であるため、治療薬だけで1日1錠服用するので月に約7500円かかることになります。

プロペシアの副作用について
 プロペシアは、男性成人患者に対するAGA治療薬ですので女性は服用できません(閉経後に現れた女性AGA患者に行われた海外での実験では、女性患者に対するプロペシア投与に有効性が認められていません)。 また、他の脱毛症(円形脱毛症等)にも効果がないとされています。

また、男性成人患者であっても肝機能に障害のあるAGA患者に対しては、プロペシアの安全性が確認されていないため投与を控えた方がよいでしょう。 また、高齢者に対する有効性も確認に至っておりません。

プロペシア錠のコーティングが粉砕している場合、妊婦又は妊娠している可能性のある女性は触れないようご注意ください(プロペシアを妊婦に投与した場合、男子胎児の生殖器発育に影響を及ぼす可能性があるとされているため)。

現在、確認されているプロペシア投与の副作用としては、性欲の減退・勃起機能不全等が一部で報告されています。


育毛にやさしい整髪用のスタイリング剤の使用方法


育毛を気にする方にとって、散髪へ行くということは、精神的にいくばかりかの葛藤のようなものを感じる方が多いのではないでしょうか。

髪を切ることに対して敏感になることは致し方がないことではあるのですが、私も理髪店で髪を切ってもらうときには、カットしていただいてもそれ以外については、あまりサービスを望まないことが多いです。

基本的にスタイリング剤などはつけないように注文をだします。普通の理髪店に行けば、髪を切った後に整髪してもらうと、いろんなものをつけてくれます。

リキッドやムース、あるいは、スプレーなどこれでもかといわんばかり、かっちりと決めてくれるのですが、私はスタイリング剤というものは、育毛にとってあまり望ましくないものと感じています。

普段の生活の中でも、日常的に、スタイリング剤というものを極力使用しないようにしています。でも、特別な冠婚葬祭などのときは使用することもありますが。

散髪をされる方の理髪店を訪問される回数というのは、1ヶ月から2ヶ月の間に1回くらいの割合の方が大体、平均くらいだと思います。

ですから、そのときくらい別に断らなくてもどうでもいいくらいのことかもしれません。育毛に対する、ちょっとした抵抗というか、こだわりみたいなものですね。

でも、スタイリング剤が頭皮の環境に与える影響は、育毛にとってはあまり望ましくないというふうにいわれていますので、日常、薄毛を隠すためにスタイリング剤を利用している方などは、注意した方が良いでしょう。




おすすめ記事

メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi Oda


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス