育毛のためのドライヤーの使用と乾燥の仕方 - 育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】

育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】 ホーム » スポンサー広告 » 育毛 ドライヤー » 育毛のためのドライヤーの使用と乾燥の仕方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

育毛のためのドライヤーの使用と乾燥の仕方

 髪の毛というのは、もともと感想や熱などに弱いものです。髪の毛は、ドライヤーを近づけすぎたり、長時間使っていると、髪の毛の主成分のたんぱく質が変化してしまうからです。そのため、洗髪後もできるだけドライヤーを使わないで自然乾燥するようにすると、抜け毛対策にもなります。

髪をつくっているケラチンという物質は、水を吸収しやすいものの、吸収した水を保持する能力は弱いという性質があります。乾燥した髪の毛は伸びが悪くなったり、切れやすくなります。そして、それ以上に乾燥するとキューティクルがもろくなって、ブラッシングをしただけで髪が裂けてしまったりするのです。

特に空気が乾燥しているときなどはドライヤーは要注意です。どうしてもドライヤーを使用するときは、専用のローションをつけたりして髪の毛が乾燥しないように最初から処置することが大切です。

乾燥対策にはスチーム付ドライヤーもそして、ドライヤーの温度はできるだけ低めに設定して、風速は速めにし、髪の毛からもできるだけ離して使うようにします。決して逆毛を立てたりしながら観想させるようなことはしないでください。髪にとっては自殺行為でで、まさに抜け毛の原因になりかねません。

女性で、乾かすのに時間がかかったりする場合、乾燥した日にドライヤーを使用したいときは、スチーム機能の付いているドライヤーを使うといいでしょう。

髪が痛むということは、どうしても抜け毛の原因となるので、抜け毛を防ぐためには、頭皮や髪の毛自体をいたわってあげることが大切なんです。ドライヤーで髪を乾かすと、静電気なども発生しやすいので、十分注意が必要です。

また、ドライヤーがだめだからといってタオルでゴシゴシと髪の毛をこすっていてはだめです。摩擦でやはり髪は痛んでしまいますし、ひっぱられて抜け毛が起きないとも限りません。タオルドライをするときはゴジコシこするのではなく、ぽんぽんと髪をはさむようにして水分を取ってあげるようにしてください。
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。