髪は既に死んでいる?!・角質化した細胞 - 育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】

育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】 ホーム » スポンサー広告 » 髪は死んだ細胞の塊 » 髪は既に死んでいる?!・角質化した細胞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

髪は既に死んでいる?!・角質化した細胞


冬の季節は乾燥しがちです。

乾燥すると人間の体も水分が不足してきます。

それは、空気と接触する、皮膚、顔のお肌。

そして、髪の毛も同様です。

髪は、細胞が角質化したもので、既に死んだ細胞であるということはご存知ですね。

ですから、髪の毛には、外から栄養を与えてやるわけです。

そうしないと、あまり性能の良くないシャンプーなどを使用したり、髪を守るトリートメントを欠かしたりすると、髪はパサパサに痛む一方なのです。

そうなると、枝毛やきれ毛が増えたりして、頭皮にも悪影響を与える環境になりかねないわけです。また、冬の乾燥する時期には、静電気がつきものです。

最近では、着るものも化学繊維のものが大半で、余計に静電気を吸収しやすく体に帯電状態が常に続くと、その放電される瞬間の電圧は、凄まじいものがあるといいます。

当然、乾燥している髪の毛にも、静電気がたまることになるわけです。チリやホコリを吸い寄せやすく、頭皮の汚れを早めることにつながります。

育毛や脱毛に注意が必要な方は、使用しているブラシなども、静電気を吸収するものを使用するなど、ヘアケアグッズの選択にも気を使う必要があります。

ぱさついた髪は、セットもしづらくなり、スタイリング剤の使用も必要になることから、好ましくありません。

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。