ヘアケアサイクルに従って頭皮の環境を整える - 育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】

育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】 ホーム » スポンサー広告 » 髪のヘアケアサイクル » ヘアケアサイクルに従って頭皮の環境を整える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

ヘアケアサイクルに従って頭皮の環境を整える

毛髪の基本
 毛髪は、頭皮からでている部分「毛幹」と埋まっている部分「毛根」に大きく分けられます。フラスコ型の毛根の下部分は毛球と呼ばれ、そこにある毛乳頭からも毛母細胞は栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返して成長し、毛髪となります。

脂線は、毛根の途中につながっていて、毛孔は皮脂の出口にもなっています。 このため髪は、皮脂に守られてツヤやハリを維持していますが、皮脂の分泌が多すぎる場合には、頭皮がベタつくだけでなく、毛孔に詰まって角栓を形成し、皮膚炎や湿疹の原因となってしまうことがあります。

健康な毛髪のヘアサイクル
 通常、健康な毛髪は、成長期→退行期→休止期を2年~7年のサイクルで繰り返し成長しています。頭皮の健康状態が悪くなると、このサイクルのバランスが崩れ、毛髪が十分に成長しないまま退行期や休止期へ移行し、脱毛してしまいます。 健康で、ハリのある豊かな毛髪のためには、このヘアサイクルを正常にして、しっかりと成長できる毛髪環境を整えることが育毛の決め手です。

健康な頭皮と髪の為に育毛剤
 育毛といえば、育毛剤を思いうかべられる方が多いと思います。この育毛剤の役割は、現在ある髪の毛の健康を保ち育てることです。頭皮が健康になると抜け毛が減り、髪が残り、結果的に髪が増えてきます。育毛とは、地道に髪を育て、髪を増やしていく方法となります。
健康な髪を育てる「育毛」には、正しいシャンプー法や規則正しい生活を心がけ頭皮を健康に保つことが一番大切ですが、正しい知識をもって使用すれば育毛剤でも効果が期待できます。


最近、抜けが目立つようになり、薄毛が進行して、髪が少なくなってきているかも・・・と感じている方は、育毛という言葉に敏感です。育毛の為の基本は髪のヘアケアサイクルを知り、髪の環境を整え健康を保つことです。

髪を増やす方法・処置は大きく分けて2つあります。1つ目は、これから生えてくる髪に対して行うこと。
2つ目は、今生えている髪に対して行うことです。育毛は、この今ある髪に対して行う方法・処置などになります。 育毛とは、本来の髪の寿命よりも早く抜けてしまわないように、髪の環境を整え健康を保つことです。

抜け毛の原因は人それぞれ違いますが、大きな原因として、日々の生活の中でのストレスなどが、大きく関係があるといわれています。 育毛を考えられている方は、できるだけ頭皮にも負担をかけないような生活を送るように心がけてください。 頭皮の負担は、自分自身のちょっとした心掛けで軽減でき、それが育毛へつながっています。 今ある髪の毛を、健康に保ち抜け毛を防ぐということが大切です。

育毛とは、現在生えている髪の毛にとって良い状態を作り出して、抜け毛を防ぎ、更に強い髪の毛を育てることをいいます。そして、新たに発毛を促せる状態に頭皮を活性化させることです。

育毛は、常に現在進行形なのです。未来があるのです。未来に向けての継続が必要になってきます。だから、常に今、生えている髪の毛にとって一番良い状態を作り出さないといけません。育毛のための髪の毛の手入れの方法には、色々なやり方はあるのですが、一般的なものとしては、育毛シャンプー・育毛剤・育毛サプリメント・頭皮マッサージが代表的ですね。

育毛シャンプーは、髪の毛を清潔にするとともに、毛根に刺激を与え血行を良くします。育毛サプリメントは、頭皮に働きかけ、血流を活性化させ、代謝を促進させます。頭と頭皮のマッサージは、頭皮の血行を更に積極的に加速させることにつながります。

また、一方では精神的な面においてのケアも必要です。髪は日常の生活に影響を受けやすく、食事、睡眠、ストレスなど、毎日の生活習慣に注意しなければいけません・・・というより、これが一番大切だったりします。

嗜好品、酒、タバコなどは、体に影響を及ぼしやすく、髪にその影響が顕著に現れる場合も少なくありません。寝不足やストレスも髪の成長に影響を及ぼすとも言われています。

一番大事なのは食事でしょうか。食事は髪の毛の栄養源や頭皮の汚れの原因にもなります。普段から規則正しい生活を心がけストレスを貯めないようない事が大切です。
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。