抜け毛と脱毛の症状と進行状態ついて - 育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】

育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】 ホーム » スポンサー広告 » 抜け毛と脱毛の症状 » 抜け毛と脱毛の症状と進行状態ついて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

抜け毛と脱毛の症状と進行状態ついて

抜け毛の状態を観察することが重要

抜け毛が気になりだしたら抜け落ちた髪を注意して観察してみましょう。髪の毛は、約10万本位生えていると言われています。健康な人でも毎日ほぼ50本から100本は、抜けているのです。

しかし髪の成長サイクルに似よって、また、新しい髪が成長することによって、健康な状態が保たれているわけです。ですから、あるときふと、抜け毛が気になりだしたとしても、本来の健康な人の許容範囲に含まれている場合もあるでしょう。また、やはり健康、精神的な状態、気候など多くの要因によって、抜け毛の状態も変化してきます。

そこで注意して観察していただきたいのが、抜けた毛の状態を見極めることです。自然に抜け落ちた多くの毛の根元の部分が、しっかりとした太さを保っていればあまり心配する必要は無いということです。逆に、根元の部分が、細くなっているようでは、やはり、抜け毛に対して注意する必要が出てくるでしょう。

抜け毛と脱毛の症状について

抜け毛は髪の毛が抜けてしまったものをさす言葉。本来髪の毛は毛周期によって生え変わります。
当然生え変わりの時に髪の毛が抜けるので、ある程度の抜け毛は当然のものです。ところがこの毛周期が崩れてしまったり、その他の要因によって、通常の抜け毛の量を超えてしまうと、脱毛状態が進行してしまいます。

脱毛とは、その通り髪の毛が抜けてしまうことです。抜け毛に対してより多くの髪の毛が自然ではない形で抜ける場合に利用されることが多いといえます。脱毛には、男性型脱毛・脂漏性脱毛・分娩後脱毛・円形脱毛・圧迫性脱毛・トリコチロマニーなど様々な種類があります。

それぞれに原因は違いますが、脱毛に対しての明確な治療方法は医学的には確定はできていません。

男性型脱毛症(AGA)

壮年性脱毛症とも呼ばれます。多くの人の脱毛の症状がこの症状にあてはまります。年齢的に早く特定の場所が薄くなる現象で、主に30歳代あたりから症状が目立ってきますが、特に20代~30代に発生する男性型脱毛症を「若年性脱毛症( 若ハゲ)」。30代~50代に発生する男性型脱毛症を「壮年性脱毛症」と呼びます。

プロペシア(フィナステリド)の販売元である万有製薬によって、AGAという名称が広く知られることとなりました。リアップも、この男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなる影響で、前頭部と頭頂部の髪が薄くなる特徴があります。原因ははっきり特定されていませんが、男性ホルモンと遺伝が大きく関わっているといわれますが完全な原因はわかっていません。

男性ホルモンが大きく関わっている場合、現在医療機関によるAGA治療が可能となっています。治療の際には処方薬としてプロペシア(主成分フィナステリド)が処方されますが、このプロペシアは男性ホルモンによる発毛の阻害を防ぐ効果があるといわれています。

毛髪医療研究会では、脱毛症が男性型脱毛症(AGA)なのか、フィナステリド(プロペシア)は有効なのかを判定するAGAチェックを行っています。

円形脱毛症

年齢性別に関係なく突然円形または楕円形に脱毛が生じる現象です。原因は、おもに精神的なストレスが関与しているといわれています。円形脱毛症の半数以上は、脱毛する箇所も数カ所以内で、半年から一年で自然に治ることが多いようです。

しかし、もっと範囲が広くなったり身体の他の毛も抜ける場合は治りにくいので注意が必要です。この病気は一種の自己免疫病で本来なら体内に入り込んだ細菌や異物を攻撃し排除する働きをもつ免疫が、コントロールをなくして毛包、毛乳頭まで傷つけて脱毛を起こしてしまう症状です。

脂漏性脱毛症

頭皮の毛穴から皮脂が過剰に発生することによって、脱毛を引き起こすこと。過剰な皮脂は毛穴のつまりを起こしてしまって、髪の毛が育ちにくい環境となり脱毛につながります。また過剰な皮脂によって頭皮が炎症を起こして脱毛をひきおこすことなどもあります

牽引性脱毛症

頭髪が継続して過度に引っ張られる事によって発生する脱毛症。ポニーテールなど頭髪を強く束ねたりする場合に起こりやすくなります。牽引性脱毛症の場合、特に治療は必要なく、個人差はあるが一般的に髪型を変えることによって回復します。

ただし牽引が長期間だと回復不能になる場合もあります。回復を早めるには頭皮のマッサージで血行を促進するのがよいでしょう。脱毛症の多くはホルモンや遺伝などの内的要因によるものですが、このように頭皮への継続的な負担は脱毛症へとつながるので注意が必要です。

老人性脱毛症

年をとる毎に髪が薄くなる現象で、脱毛と同時に毛が細くなる。主に60歳以上の方の髪が抜ける症状をいいます。老人性脱毛症は、男性型脱毛症と異なり頭部全体、さらには全身にわたって毛の減少があります。
スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。