生活習慣と抜け毛・脱毛の関係 - 育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】

育毛・発毛【髪の悩み解消!髪は自力で生える!】 ホーム » スポンサー広告 » 生活習慣と抜け毛・脱毛 » 生活習慣と抜け毛・脱毛の関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

生活習慣と抜け毛・脱毛の関係

不規則な睡眠時間や偏った生活スタイルの改善

抜け毛予防するにはライフスタイル全般を見直し改善する事が重要です。現代人は様々なストレスを抱えた社会で生きています。その中で、ストレスをためずに生活を送ることはなかなか難しいことですが、「ストレスは万病の元」と云われ、髪の毛にたいしても同じことが言えます。

日頃から、緊張をほぐしリラックスして体にとっても自分にあわせた適度な運動は髪の毛のトラブルにとてもいいですし健康にもいいのでお勧めです。日頃から体を動かすことで全身の血液の循環がよくなって、頭皮や髪の毛への血液も増えることから、抜け毛や薄毛の対策にもなります。

生活習慣を変えるだけで、髪の毛のトラブルはけっこう減るものです。髪のトラブルがすくなくなるということは、抜け毛も減るということになります。

髪の毛というのは、毛母細胞が分裂することで作られるものです。毛母細胞の細胞分裂は、午後九時前後がピークです。そのため、この時間のあたりはできるだけのんびりとからだを休めることがポイントです。

そして、頭にしっかりと血液が流れるようにしているのが望ましいのです。仕事が夜型の人は、ご飯を食べたりするのがこのくらいの時間になってしまったりするので、頭皮のほうに流れてほしい血液が、消化器系のほうへと流れてしまうのです。夜更かしと寝不足が続いては、毛母細胞の分裂が低下してしまいます。するとどうなるかというと、髪の毛を作る機能が低下してしまうということになるわけです。頭皮などにダメージとなることで抜け毛も避けられない問題になります。

生活のリズムの乱れはそのまま頭皮や髪のダメージへとつながり、それが抜け毛の原因となってしまいます。抜け毛を減らし育毛という観点からは、基本的な人間の生理にあった生活が必要で、夜更かしなどの睡眠不足の生活は髪にとってもおススメできません。

規則正しい生活をしていても、日常生活の中でストレスはなかなか避けられません。疲れたな、とか、最近ちよっとイライラするなと感じたときは、ゆっくり休んだり、気分転換などをしたりして、ストレスを解消するようにしてください。ストレスのせいで、大事な髪の毛が抜け毛となってしまったり、薄毛になってしまうことにもなりかねません。

抜け毛と嗜好品(喫煙・酒など)との密接な関係

「飲酒」や「喫煙」といった生活習慣が抜け毛には大きく関係しています。若者に抜け毛や薄毛で悩む人が増えているのも、食生活や生活習慣の乱れが大きく関係していると云われます。

タバコが健康に良くないという事実は幅広く認知されている昨今。 愛煙家には耳の痛いことかも知れませんが、 医学的にもすでに解明されており、タバコは健康だけでなく髪の毛にとっても良くないのです。

規則正しい生活を心がけていても、喫煙をしていてはせっかくの努力も無駄になってしまいます。タバコに含まれるニコチンが欠陥収縮を起こすので、血液の循環が悪くなってしまい、栄養が十分に毛細血管まで届かなくなってしまい、髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまいます。血液の流れが悪いことも、抜け毛の原因となります。1日に何本も喫煙をされているヘビースモーカーの方は抜け毛には特に注意が必要です。

抜け毛予防と食生活の関係
抜け毛の原因として考えられる事に、食生活も一因とされます。バランスの良い食生活をしていない場合、十分に髪へ栄養がいかず髪が育たなくなり、抜け毛が進行する場合があります。

フケ、皮脂などは抜け毛予防の天敵です。その皮脂の分泌量を抑える為の食生活、いわば、内部からの抜け毛予防も必要なのです。また、過度なダイエットによる栄養不足は、毛根に悪影響を及ぼします。

ファーストフード、コンビニ弁当やカップラーメンなど、偏った食生活も抜け毛を促進してしまいますので注意が必要です。塩辛い物や、動物性脂肪を多く含んだ食べ物も抜け毛の原因と考えられています。刺激の強い香辛料を含んだ食べ物は、汗をかきやすくなるので、皮脂腺を余分に刺激してしまい、皮脂の原因になります。

髪を健康に保つためには、動植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く摂ることが重要です。健康のため、抜け毛予防のためにバランスのとれた食事をとること心がけてください。

育毛に必要・効果的な食事・食物

野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚なども組み合わせてバランス良く採ることが、大切です。

主に育毛に必要とされている栄養素は、日本人に不足がちな亜鉛とされています。亜鉛は牡蠣や大豆製品、レバーなどに多く含まれ、体の組織形成、毛髪などの成長に必須な栄養素とされています。

ビタミンB群は、レバー,卵、大豆製品、緑葉野菜に多く含まれ、頭皮の新陳代謝を高め、毛穴の炎症などを抑えます。体の機能回復には、抗酸化作用のある栄養素としてビタミンA・C・Eが挙げれれます。

抗酸化作用によって、活性酸素が排除されることにより、老化が食い止められ、血行や免疫力が回復することで、栄養が頭髪にまで行き渡り、体内の老廃物を正常に廃棄する事が期待できます。このような栄養素を取る一方、脂肪分や糖質の多い食品は、食事のメニューから外して栄養バランスを取るようにします。

また、体内の脂肪、中性脂肪やコレステロールを減らすために、食物繊維を多くとり、食材は環境ホルモンの無い無農薬有機農法のものを使い、規則正しい食事を心掛ける事が基本です。

緑葉野菜や果物に多く含まれるビタミンEやビタミンCは、抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防ぎ頭皮を清潔に保つ他に、毛穴の血流を円滑にする作用があります。卵や大豆、納豆、青魚にに含まれるビタミンBは、頭皮の保湿に効果があり、フケなどの発生を防ぎます。

最近良く効く抗酸化作用のあるアスタキサンチンやベータカロチンは、ニンジン、イクラ、エビやカニ等に含まれ、ビタミンEよりも高い抗酸化作用があり、中性脂肪など減らす作用もあり、はげの体質改善に有効とされています。

そのほかに効率的に栄養素を摂取するためには補助食品としてサプリメントを利用することで、不足がちな栄養素を補うのが賢明な方法です。ただ、必要以上にサプリメントに頼らずあくまで補助食品として、不足分を補うことで、普段の食事を含めて、健康的な生活を志すことが理想的です。

■【発毛・育毛/情報・話題/育毛の基本/コラム】
■【サイト案内】健康育毛サイト 髪は自力で生える! スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。