自毛植毛と人工植毛の違いについて

人工植毛
ご自身の髪の替わりにナイロンか化学合成繊維で造られた、医療用に開発された人工毛を頭皮に定着させる治療法なのです。
自毛植毛と違い毛の量に際限がなく、伸びるまでの時間も必要ありません。
また、何本でも好きなように植えられることが長所であるようです。
人工植毛では、専用の静電植毛針を使用し、帽状腱膜の真上に植毛するのです。自然さを追求するため、人工毛髪の表面にはキューティクル加工がされており、髪の色も多様なものが用意されているようです。
一般的なイメージとしては「増毛」に近いかもしれません。


人工植毛のリスク
この植毛術が始まった頃は、すぐに抜けたり、頭皮が感染症を起こしたりとクレームが続出し全国各地で「被害者の会」が結成され社会問題にもなりました。皮膚というのは、外界に対する生体のバリアです。その防御壁(バリア層)を突き破って異物が体内に入るわけですが、人工毛は身体からみればそれが同化して生体の一部になるわけではなく、あくまで異物として存在します。

従って、抜け落ちたり炎症などの拒否反応を起こしたりといったリスクはつきまとい、感染を起こして抜けてしまうだけならまだ良いのですが、植えたときに頭皮の中に固着させるための工夫が施されているので、個人によっては人工毛が抜けないまま感染が続く事がありますので要注意です。

最近の人口毛は素材が改善されているとのことですが、過去のトラブルが元でアメリカ合衆国においては人工毛植毛が禁止されています。

自毛植毛

髪が薄くなるのは男性ホルモンの影響が大きな原因です。
側頭部から後頭部にかけての頭髪は、薄毛を誘発する男性ホルモンの影響を受けにくくほぼ生涯に渡って生え続ける性質を持っています。
「自毛植毛」は今あるご自身の側頭部から後頭部の頭髪を採取し、薄くなった部位へ再配分する医療技術です。
この頭髪の性質は、身体の他の部位(髪の毛、眉毛、陰毛、ヒゲなど)に植え替えても変化することはなく、植毛された頭髪は、植え替えられた部位で生涯にわたって生え続けます。
それを男性型脱毛などの薄毛治療に利用したのが自毛植毛です。

自毛植毛の最大の特徴は、自分の毛を使用するということです。
自分自身の頭髪なので、当然、異物反応は起こりません。
ですから、自毛の活用は、安全性が高い特徴があります。

自毛植毛の歴史

脱毛の治療方法として、皮膚を移植する方法が提案されたのは、1800年代のことです。

現在の自毛植毛のはじまりは、1959年に提案された、奥田・オレントライヒ法といわれています。

その後、手術技術の発達とともに、移植できる植毛株が、10本単位から、1本1本の毛穴単位にまで細かくなりました。

これにより、生え際などに移植しても、より自然な仕上がりを実現できることになったのです。

自毛植毛の特徴

頭髪は、一つの毛穴から一本の毛が生えているわけではありません。

現在の最新技術では、毛根の単位で植毛することが可能になっています。

手術は顕微鏡を使って行われる精密な技術ですが、非常に自然な仕上がりになります。

現代の日本では、優れた医学技術を背景に、毛髪を毛根単位で移植する最先端のフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)が主流になりつつあります。

治療の期間

施術の部位と範囲(本数)により異なります。

手術後の消毒や抜糸は、通院で行うことが可能なので、長期の入院は必要ありません。

また、職種にもよりますが、ほとんどの場合は、手術の翌日から仕事ができます。

植毛の注意点・メリット

手術を行った後は、経過観察や抜糸のために通院する必要があります。

また、傷が治るまでの間は洗髪もできません。

そのため、時間のとれない人には難しい方法といえるかもしれません。

手術の傷もしばらくの間は目立つので、長期休暇などを利用して手術を受ける人も多いようです。

定着率には個人差があるので、手術のすべての頭髪が定着するとは限りません。

もちろん個人差がありますが、最悪の場合、全く定着しない可能性もゼロではありません。


気になる生え際を自然に見せる自毛植毛でいつまでも髪フサフサ

男女問わず、髪は、大切な長い友達。

ある程度、年をとるとその大切さが、実感として、しみじみわかります。

でも、若くて、髪がフサフサしているときは、 そんな髪の大切さなど、あまり気にしたことなど無かったような気がします。 でも、最近は、やはり、年齢を重ねると、まず、白髪がチラホラ、 すると、髪質がだんだんは細くなっていくんですね。

そんな、少しずつ寂しくなる、頭をいつもケアしていると、 フサフサ、邪魔なほど、生えていた頃が懐かしいです。 私と同じような気持ちの方も多いと思います。 でも、自然には、やっぱり逆らえません。

自然に逆らえないのなら、 現代の髪の毛のケアの最新技術を利用しましょう。

「トラブルや悩み」に関することや、 積極的に自分髪を増やしたい方は、 植毛について詳しくお知りになってみては、いかがでしょうか?

自毛植毛の中でも、特に優れ、気になる生え際も 自然に仕上がる方法だということです。






おすすめ記事

メニュー

髪の悩み解消・髪は自力で生える!

「髪は、自力で生やすもの」というポリシーにおいて、髪の悩みでお困りの方のための薄毛、抜け毛の改善するための健康育毛サイトです。育毛や発毛に関する最新の情報、育毛・発毛に関するおすすめの商品を紹介しています。また、女性の育毛・養毛の様々なケアの基本的な方法、女性の抜け毛、薄毛、育毛に関する悩みの解消に関する情報も掲載しております。 運営者:Hiromi Oda


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス